旅行(オーストラリア)

2010年5月 2日 (日)

SYDNEY 最終

 

Sydney_0241Hamamatsu_0511_2Hamamatsu_0501_2Hamamatsu_0571_2Hamamatsu_0431_5Hamamatsu_0461_2Hamamatsu_0531_3Hamamatsu_0581_2Hamamatsu_0481_3Hamamatsu_0621_2

 

いよいよ帰国日。一面霧で覆われている外を眺め、これじゃあ飛行機飛ばないかも♪なーんてあらぬ期待を抱いて起床。母はタクシーが捕まえられるかどうか気になって4時頃から起きたり寝たりソワソワで朝食の時も時計をチラチラ見て心ここにあらず(笑)。

というのも、前回タクシーを呼んでおいたのに出発時間になっても来やしない。ギリギリ走っていたタクシーを捕まえ空港に向かった記憶が鮮明だったので、前夜から口を開けば「タクシータクシー」でした。(笑)。

 

Hamamatsu_0642Hamamatsu_0712Hamamatsu_0721_2Hamamatsu_0441_2Hamamatsu_0541_2Hamamatsu_0691_2Hamamatsu_0702Hamamatsu_0471

 

8時のフライトに無事間に合い、公衆電話からまたもや涙のお別れ(恒例です笑)。しかし「お母さん、タクシーのことばっか気にして別れもちゃんと惜しんでくれなかったよねー。」とのんべえにチクリと刺され飛行機に搭乗(笑)。

帰りも見てない残りの映画を片っ端から見まくり、機内食は希望の物が売り切れて食べたくないものになってしまったけれど、それを除けば、快適なフライトでした。

 

Hamamatsu_0551_2Hamamatsu_0521_2Hamamatsu_0561_2Hamamatsu_0601_2Hamamatsu_0381_2Sydney_0971Hamamatsu_0731_2Hamamatsu_0671_2Hamamatsu_0631Hamamatsu_0651

 

今回やり残したこと。(次回の為に覚書)

  • All Blacksのラグビー観戦(試合の前にニュージーランドの先住民族マ オリ族の伝統的な出陣の踊り、HAKA(カマテ、カパオパンゴ)を見る)。今回は滞在中にこのニュージーランド戦がなかったので次回。
  • Organic Food Markets、Balmain Markets、Rozell Marketsの行き残したMarkets巡り。
  • シドニーに来たら1度は食べろ!的、シドニーで1番有名なHarry's Cafe de Wheelsでミートパイを食べる。
  • のんべえが用意してくれたバースデーケーキのお店La Renaissanceのとても素敵な中庭でお茶をすること。
  • Alexandriaという街を散策。この周辺はアパレルをはじめ様々な会社の倉庫が多く、その倉庫の一角で、そのブランドを激安で販売していて いるらし い。靴から、スポーツ用品、食器など、このあたりをドライブすれば、なんでもアウトレット価格で購入できる。
 

Hamamatsu_0751_2Hamamatsu_0451_2Hamamatsu_0591_3_3Sydney_0471_3_2Hamamatsu_0661_2_3Sydney_0981Hamamatsu_0321Hamamatsu_0391_2

     

 

今回、最初は1人で行く予定の旅行でしたが、行き帰りの飛行機が寂しすぎると母を誘うとフットワークの軽い母は快く承諾、私が誘うならと父もお留守番を快く承諾、チケットを取った後に親分に「シドニーに行ってきてもいい?」と事後報告にも快く承諾してくれて皆に感謝感謝な旅行でした。

 

---------------------------------------------------------

 

※換金は、率のよかったトラトラトラベル)で1A$=90円で換金。現金はあまり必要のない国だけれど、今回はマーケットに行ったので現金が必要でした。後日カードの引き落としが1A$=88円。って事は・・・カードの方が手数料が入ってもお得ということか・・・。

 

 

 

2010年5月 1日 (土)

SYDNEY 5日目(Surryhills・Paddington・Glebe)

 

Sydney_0201_2

 

昨晩、いくつか人気のあるマーケットをピックアップしオープン時間と、地図を照らし合わせ、どうやったら効率よく、できるだけ多くのマーケットに周れるかリサーチした結果am7:00~のSurry Hills Marketsを皮切りに、am10:00~のPaddington Markets、 am10:00~Glebe Marketsそして最後に時間があまったらOrganic Marketsという過密スケジュールを組みました。

 

Sydney_0182 6時起床、ひぃーまじですか、、、何度目をこすってみても、窓の外は・・・雨。ガッツリ雨。

断腸の思いで7時からのSurry Hills Marketsは捨て、Paddington、Glebeこの2箇所にしぼることに。出発時間を遅らせ、どうか10時までに雨がやみますように・・・。そして何よりも、雨でマーケットが中止していませんように・・・。

シドニーのマーケットは基本土曜日なので、タイミングが合わないと1週間の旅行には到底かぶりません。現に、前回は見事にかぶらず行けなかったし、今回は土曜日が重なって本当楽しみにしてたんです。なのに・・・。

 

Sydney_0211 そんな私達を可哀相に思ったのか、念力を送り続けたのがよかったのか、数時間後、キラーン晴れた?ん?晴れてはないけど雨があがったーッ!

青空の下のマーケットを期待してたけれど、雨があがってくれて、マーケット巡りができるだけで、神様、これ以上は何も希みませんっ。どうかマーケットも無事オープンしてますように。

そんなワケで、ウッキウッキで出発進行ー!。

 

Sydney_0361Sydney_0351Sydney_0391

 

うひょぉ~っ。

通り道だったので、1番最初に諦めたSurry Hills Markets を覗いてみると・・・うぉお~やってるじゃないのぉーっ。てっきり中止になっていたと思っていたSurry Hills Marketsがオープンしていて小躍りしそうになる。

 

Sydney_0411Sydney_0511Sydney_0523

↑Turkish Gözleme(ギョズレメ)トルコ料理で薄く伸ばした生地に野菜やチーズを入れたもの。激うまっ!!日本で出したら売れるのになー。

 

マーケットの中でもこちらのマーケットだけは、毎月第1土曜日の月1オンリー。 こんな月1のマーケットを体験できるなんて、最初で最後かもー神様ありがとう(笑)。

そして到着して早々にALABIAのお皿をGET。このお皿を売っていたおじいさんが40年前の結婚式の引き出物で頂いたものだそうで、私よりもお年寄りのプレートお持ち帰り(笑)。ALABIAのお皿が引き出物ですかぁ。早速後先も考えず置いてあった4枚を購入したら、フガッ、お、お、おもーっ!

 

Sydney_0371_2Sydney_0462_2Sydney_0601_2Sydney_0621_2

 

しかもこのマーケット、Surry Hills というお洒落な地区だけに、古着や雑貨はもちろんのこと、買い物に来る人売る人全てがお洒落でレベルが高く、鼻息も荒くなるっちゅーもんです。こりゃー毒だわ・・・。

しかし、まだマーケット巡りも初旬、ここでおたおたしてはいられない。一通り満足するだけ周ったら、お次は最も有名でdineもオススメだというPaddington Marketsへ。

 

Sydney_0921

 

そして寄り道(DIESELのアウトレット)しながらもPaddington Marketsへ到着。数日前に来た時はただのだだっ広い広場に人っ子1人居なかった場所に所狭しとお店が並ぶ。クラフト系から、工芸品、ジュエリーから洋服まで幅広い。けれど期待してたマーケットと違い、いまいちなラインナップだったので、このマーケットではランチをすることに。5日目にして、シートじゃないけどテーブルで青空ランチ、そう、いつの間にか青空になってました。生演奏を聞きながら、これこれ~っこれがしたかったのよぉ。

 

Sydney_0821_2Sydney_0902_2Sydney_0862Sydney_0841_2

 

しぼりたてのレモネードに、スペシャルインドカレーランチ。どのお店もレベル高くて屋台のくせに美味しー。

 

Sydney_0811

 

青空ランチを満喫したら、次のマーケットの終わる時間を考えると、アワワワワ、急げいそげーッ。

 

Sydney_1091

 

Glebe Public Schoolで開かれているGlebe Marketsに行く途中、疲労がピークに達していたのと、マーケットの終わる時間までそんなに時間の無い焦りとで、、、やっぱりのやっぱり、母と険悪なムードに(爆)。キレられたポイントがいまいちわかりませんが、今日はせっかくの最終日だし、明日は2人っきりで帰るし、過度の疲労ってことでぐぐっと我慢。そんなこと言っても暫く悶々としてましたが!(笑)。

 

Sydney_1021_2Sydney_1102Sydney_1001

 

そして無事マーケットを三か所周り強行スケジュール完全制覇!いろいろ難題もあったものの(笑)無事終えてよかったー。マーケットはそれぞれにカラーがあって、共通して言えることは、木々に囲まれた中で行われているのですこぶる気持ちがいいということ。

 

Sydney_1061_2

 

  • Surry Hills Markets・・・お洒落な人が多く掘り出し物を探すならココ!ほとんどがセカンド・ハンドで庶民的なマーケット。
  • Paddington Markets ・・・食べ物系が充実していて食いしん坊にはたまらない。観光客が多く、混雑しているけれど、その分、気の利いたシドニーのお土産探しにはいいかも!?                  
  • Glebe Markets・・・公園があって家族連れで来ても遊び場に困らない(笑)。若手デザイナーやアーティストが多く住むという土地柄、小物やアクセサリーなど、アート風の一品を探すのに最適。古着、古本も多い。

いや~、スタートが遅かった割に、3箇所も巡れた。欲を言えば、あともう一か所行きたかったけど。一緒にでかけたかわちゃんは、半ばで離脱する始末(笑)。残された元気印が取り柄の女性陣も、さすがに足が限界。しかーし、本日最終日なので一旦家に戻って荷物を置いて、まだまだ頑張ります!!

 

Hamamatsu_0171

 

最後の晩餐はシティへ。シドニーに降り立ち早5日、楽しい時間は本当にあっという間に終わってしまいます。じめじめしてる場合じゃありません。今晩の夕食に、ギリギリまで景色を選ぶか味を選ぶかで悩み味で勝負!のんべえも未体験な評判の良いPitt stにあるスペイン料理店encasaへ。そしてかわちゃんのんべえ初のBYOにもトライです。

BYO=Bring Your Own (Alcohol)、オーストラリアではお酒を扱う為のライセンスの取得がなかなか難しい為、お酒を扱わないお店も多々あるそう。こういったお店のオーナー達が「じゃあ、お客さんが自分達の好きなお酒を買ってきて、それ持ち込んで、うちで食事と一緒に楽しめばいーじゃん。そーしようぜー。」ってな感じで始まったシステム。

 

Hamamatsu_0041Hamamatsu_0061Hamamatsu_0141Hamamatsu_0121Hamamatsu_0191

      
こちらの店ではグラス代として、$2/1人+$2.5/1ボトル(ワインのみ)の手数料を取られるだけなので酒豪には断然持ちこんだ方がお得。そして肝心な料理の方も、タパスは全て美味しいし、シェフもスタッフも皆スペイン人なもんだから、気さくで親切で何もかもパーフェクト。ただ次から次へとやってくるお客で2時間ぽっきりで出されてしまったのでパエリアを食すことができなかった。くーッ!

 

Hamamatsu_0221_2ほろ酔い気分でお店を出て、夜景をみに行こうとDarling Harbourに到着するやいなや、

ドッカーン!!

きゃーッ花火ーッ!?こんな時期に!?

なになに?まるで私たちの最後を惜しんでくれてるかのような演出。母と私の為にのんべえが上げてくれたの?と言わんばかりのタイミングで上がる季節外れの花火に大興奮。

こんな季節にそして最終日にこうして花火が見れるなんてめちゃくちゃラッキーでした♪

 

Hamamatsu_0261 花火に興奮し、さらにテンションが上がった御一行は、団子の時間(笑)。

Darling Harbourを見渡せる場所にあるスイスのチョコレートで有名なLindt(リンツ)へ移動。

何故か不思議なことに、LindtのLindt Chocolat Caféは世界でもシドニーにしかないらしいのです。

アイスクリームをほうばるだけでもDarling Harbour を見渡せるテラス席に座れるので、高いレストランで食事をしなくても、予約せずにゆったりまったりしたい時には、こちらのカフェがとってもオススメです(笑)。

 

Hamamatsu_0281

 

急遽決めたシドニー旅行、計画無しで来て、やり残したことも多々あったり、母の首が何故か今までにない金属アレルギーで荒れたり、のんべえと私の口には口内炎が恐ろしいホドたくさんできたりしたけど、かわちゃんとのんべえのおかげでとっても充実したシドニー生活をおくることができました。

 

Hamamatsu_0012Hamamatsu_0241_2Hamamatsu_0341Hamamatsu_0271Hamamatsu_0391

 

明日は早朝の飛行機、寝過しません、乗り過ごしません、ぼられません、ように・・・(笑)。

2010年4月30日 (金)

SYDNEY 4日目

 

Sydney_0111

 

朝から雨・・・。

こんな日は部屋でゆっくりまったり、なーんて天と地がひっくり返っても出来ない性分だけれど、今回はGWという繁忙期に、予定もしてなかったシドニーへ来れたことだけでよしとしていたので、起床し、窓の外の雨も穏やかな気持ちで見ることができました。(ほんとかよ~っ)。

最初はそう思っていたんだけど、来たらきたで、欲がでて、もっとリサーチしておけばよかった・・・雨の日の過ごし方も考えとくんだった・・・と後悔しきり(笑)。

 

Sydney_0011

 

腹を据え、今日は部屋から1歩も出んぞー。

のんべえのシェアメイト、韓国人のdineも交え、女4人で昼からワイン。のんべえの作るサラダにフィッシュ&チップスにガールズトーク、といってもdineを抜いた他3名どう見てもガールズじゃないし(笑)。恋バナなんてあるワケもなく、話はdineが韓国語の辞書で引いた不思議に思う日本語に訳された例文ついて。

例えば「ボクの眼鏡が無くなったと思ったら頭にありました。灯台もと暗しですね。」とか、
「今日は暑くてムラムラします。」
こういう言葉は本当に日本で使われてますか?絶対使いませんよね、こんなおかしな日本語って、え?私「灯台もと暗しだねって普通に使うケドー。」(笑)。

 

Sydney_0051_2Sydney_0041Sydney_0081

 

帰宅したかわちゃんも加わり、飲んで食べてこの調子じゃ、夕飯まで日韓についてエンドレス?と思っていたらdineが夕方から友達とでかけて行き、のんべえとかわちゃんはソファで爆睡。暇を持て余した母と私は近くのモールへでかけTarget、K-Mart、Colesを徘徊。1日部屋にこもっていたせいかスーパーが思いの他楽しすぎた。

 

Sydney_0151Sydney_0121Sydney_0141

 

今晩はベビーリーフとグレープフルーツのサラダ、ムール貝の蒸し焼き、オージービーフステーキ。こんなボリューミーなお肉が4人分買っても数ドルなんだから驚き!

こちらに来てから数日、滅多にできることのない口内炎があっちにもこっちにも。うん、これは確実に食べ過ぎでしょう。気づけば寝てる時以外、常に口が動いてますから~っ。ハハッ

さて、明日は今回の旅行で一番楽しみにしていたマーケット巡り。晴れてくれないと困る~いや、頼むっ晴れてくれっ!。

 

2010年4月29日 (木)

SYDNEY 3日目(Glebe・Newtown)

 

Sydney_0081

 

昨晩のdineのクッキーはどうなったのだろうか・・・。気になりながら本日も元気に出発!!

 

Sydney_0041Sydney_0051Sydney_0062Sydney_0091_2

 

昨日に引き続き、本日もすこぶる快晴。日差しは強いものの、緑が多く建物の日陰は心地よい風がふき、絶好の散歩日和。行ったことの無い地区へ繰り出そうの巻パート2。 

 

Sydney_0011

 

まずはのんべえ御用達のMEAT MARKETに寄って、今晩のお肉を物色。倉庫がお店になっていて、壁にされたペイントがいちいち可愛い。中はもちろんお肉オンリー。日本では見慣れない鶏の足(指付)が大量袋売りされてたり、店内は可愛くない(笑)。さすがにショーケースに溢れんばかりのお肉を見てると食欲減退。こんだけ安くお肉が手に入って、毎日お肉を食べてたら、オージーも大きくなるワケだよねー。うんうん

 

Sydney_0102

 

まず最初に目指したのは、Glebe。観光客にはさほど知られていないけれど、小さくもお洒落なお店やカフェ、大型ショッピングセンターがあったり、さらには週末のフリーマーケットなどいろいろ楽しめる地区なんですって。早速歩道のタイルがSO CUTE!!

 

Sydney_0152Sydney_0121Sydney_0141_2

 

Glebeに着いて早々向かった先はSAN CHURROのチュロス。ここはのんべえが行ってみたかった?私を連れて来たかったお店らしい。日本でもちょこちょこみかけるようになってきたチョコ付けチュロス。サクっモチっの食感がたまりませぬ。おいしー。

 

Sydney_0111

 

Glebeの町をウィンドウショッピング。オージーはそうそう物を捨てないらしく、そのせいか、セカンドハンドの店が多く大繁盛。掘り出し物掘り出し物~とガラクタをガシャガシャ漁るのが楽しくって、その中から戦利品をゲット!沢山お洒落なお店があったのにも関わらず、セカンドハンドが一番面白かった(笑)。

 

Sydney_0212

 

そしてGlebeからランチがてら、NewTownまで市バス(2$/1人)を使って移動。市バスは前乗り、そして乗ったら運転手に「どこどこまで行きたいのー。」と言っておくと、親切にも降りたい場所に着いたら教えてくれる。オージーはとっても親切。こんなことも、のんべえがいるからゆっくり堪能できるけど、1人だったら緊張しちゃって窓の外の風景もろくすっぽ楽しむことなんてできやしない。現にバンクーバーではバスに乗るのも一苦労だったっけ(笑)。

 

Sydney_0171

 

バスを降りたそこは、Newtownという街。ここはタイ?といわんばかりの、数歩歩けばタイ料理のレストランにぶつかるお街。お昼に合わせきたので、ここでランチの予定も、お店をリサーチしたプリントを不覚にも忘れてしまった!!あうぅ、こーなったら、日頃つちかった嗅覚で行くしかない!けどそんなうまくいくもんじゃないのよね。

 

Sydney_0201Sydney_0181_2Sydney_0191

 

行きつく店はタイ料理レストランばかり。裏路地とかに入り込めば穴場的レストランもあるだろうけど、やっぱり地図がないとさっぱりわからないし、タイ料理ばかり目にした母も「シドニーまで来てタイ料理は嫌だわ~。この街は出よう。」なんて言いだすし(笑)。

Newtownの街は建物も古く雰囲気があってとっても素敵だけど、とりあえずお腹もすいていたし早々退散。

 

Sydney_0241

 

Newtownからシドニー大学を通りGlebeへ。帰りは街並みを見ながら闊歩。いや~シドニー大学大きすぎでしょ!そしてこの広大な公園も大学の敷地内。緑豊かで贅沢すぎるしこんな公園で木陰にシートをひいてランチがしたい。そう、今回公園ランチを何度も希望したのに、のんべえ「口開けばシートシートって(失笑)。シートなんて家には無いケドッ。」と一蹴りされた。自然に触れて何が悪い~~~っ(ツバツバッ)。でもね、暑いしテイクアウェイのお店も近くにないしで、公園にシートひいてランチしてる人なんていなかった(笑)。

 

Sydney_0291

 

私が「シートひいてランチ。」なら、「雰囲気がよくって、オーストラリアっぽいお店で食事。」が今回口を開けば母が言っていた言葉(笑)。ぺっこぺこなお腹でNewtownを脱出し、Glebeに戻り、やっとタイ語の見えないゾーンにやってきた。 

 

Sydney_0251Sydney_0281Sydney_0331

 

リサーチお宅としては適当な店に飛び込むというのは非常に不本意だけれど、もうお腹もすいたし疲れも限界なので、通りすがりのコートヤードが印象的なFountain 77 Ristranteに入ることに。
そして、本日のランチ、案の定「雰囲気代ね・・・。普通には美味しい。」普通ってなに?(笑)。旅でのリサーチの重要さを知ったのでした。

あ~せっかくリサーチしてあったのになー!!明日は必ず!!

------------------------------------------

この後のんべえは仕事だったので、シティへ一緒に出て、母とブラブラ。「夕飯は任せた!」と言われていたので日本のカレー粉(こくまろ)をチャイナタウンで購入(なんと約6$もした。)し帰宅。たかがジャパンなカレーだったけど、日頃日本のカレー粉は高くて買わないから、「懐かし~。」とのんべえもかわちゃんも喜んでくれた。たかがカレー、されどカレー(笑)。

 

2010年4月28日 (水)

SYDNEY 2日目(Darlinghurst・Paddington)

 

Img_70191

 

 

秋晴。昨日とは打って変わって良い天気。チッ、こんなことなら昨日のフェリーを今日にすれば(笑)、いや、こんな紫外線の強い日にデッキに居たら焦げちゃうもんね。

朝から強い陽射しとコーヒーを淹れる心地よい香りで目が覚めた。のんべえホテルはもちろん朝食付です(笑)。

 

 

Img_70061Img_70091Img_70121Img_70102

 

 

オートミールのトーストにコーヒー、ベビーリーフとマッシュルームとしらすとドライトマトのサラダ、トマトとモッツァレラとにんじんのサラダ。親分だったら辛いだろうな~この朝食(笑)。

 

 

Img_70201_2

 

天気もいいし、行ったことの無い地区へ繰り出そうの巻パート1。出発進行!

 

Img_70221Img_70181Img_70151Img_70311_2

 

まずはハイドパークからdarlinghurstへ。

 

Img_70451

 

お洒落なレストランが集まるdarlinghurstに到着して、ビクトリア・ストリート沿いにあるジェラート屋さんGelato MESSINAでまず休憩。

 

 Img_70491_2Img_70391_2

 

今日くらい汗ばむいい天気だと、ジェラートが普段の数倍美味しく感じるのは当たり前。が一口食べて「・・・。」あまりの美味しさに言葉を失うとはこういうこと。「うんまーーーーーーーいッ!」数倍、いや天気のせいでなくてジェラートってこんなに美味しいもんだっけ?シドニーに来て、初のもう一度食べたいお店(笑)。アジアのフルーツを使ったフレーバーなど、他ではちょっとみられないものも多々あるのもウリらしい。

 

Img_70501

 

darlinghurstはシドニーのソーホーといわれる、ブティックやレストラン、カフェやバーのあるお洒落で賑やかな地区。そしてゲイのメッカ(笑)。シドニーならではの地元の楽しさが味わえる、クリエイティブなすばらしい町です。

 

Img_70511

 

ランチはToropicana Caffeの賑わいに、吸い込まれるように店内へ。

いや~、この店のメニューの多いことッ。壁一面に書かれたメニューを見てはまず何を選んだらいいのやら。。。「入り口近くにいたおじさんの食べてるやつ!」なんて言えないし、結局オーダーまでに数分間を費やすことに。そう、私ものんべえもかなりの優柔不断。散々悩んだ挙句こんなハズじゃなかった。。。ってことが多々あるのよね・・・。ハハ

 

Img_70621

 

で、結局周りを見渡すと、9割方洗面器くらいの大きさの器にどさっと盛られたサラダを食べていたので、私も真似て本日のスペシャルメニュー、サーモンとアボカドのランチをオーダー。このたっぷりサーモンとアボカドのサラダにパン付き。メインのサーモンやアボカドはもちろんのこと、揚げて散りばめられたケイパーが香ばしくって美味しかった。ケイパーが揚げてあるって面白い!

後から知ったのだけど、最近健康志向のオージーにとーっても大人気のお店なんですって。もちろんパスタなんかもあるけれど、やっぱり人気はこのドカ盛サラダ。

 

Img_70671Img_70721Img_70751Img_70772

 

地図を片手にひたすらテクテクテクテク。

 

Img_70801

 

DurlinghurstからPaddingtonへ移動し、dine(のんべえのシェアメイト)がおすすめしてくれたMax Brenner で休憩。歩き疲れたのか、珍しくのんべえがあまーい飲み物を欲したので、これでもか、のチョコレートづくし。

 

Img_70851

 

中でも一番人気はサッカオという、卵型の容器とミルク、そしてチョコ・チップがセットになっていて、容器にミルクを注ぎ、キャンドル・バーナーで温めながら、チョコ・チップを溶かしていくと、みるみるホット・チョコレート(日本ではココア)が出来上がるという遊び心あふれる飲み物。好みに合わせてチョコを増減できるし、楽しみながらいただけるというものなんだけど、あまりにも沢山のチョコレートドリンクメニューに、卵型の容器は一緒なんだけど、サッカオと別物だった!oh!ミステイク!!。でもまあ美味しかったからよかったけどね。

 

Img_70981Img_71071Img_71002

 

歩き疲れた時はベンチで休憩し、そして肩が凝ってきたらベンチに座ってのんべえが母に肩を揉んでもらう・・・。って逆でしょ逆!!ふつー娘が母にするでしょーっ(笑)。

 

Img_70831

 

散歩しては食べ、食べては散歩して、そしてまた散歩して喉が乾いたらカフェに入りを繰り返して、なんと6・7時間?(笑)。女同士だとこれ(食べ飲み歩き)が楽しいし、外国だと風景や建物を見て歩くだけでも新鮮で飽きないので、エンドレスでこのようなことができるのだ。

今日はすごい歩いたなぁ・・・と思っていたらDurlinghurstからPaddingtonへ行ってPaddingtonからDurlinghurstに戻って自宅まで帰っただけだった。えぇ、散々歩いて2町?(笑)。

 

Img_71161

 

今晩は、さすがにぐったり足もガクガクなので近くのモールで食材を調達し、お家でゆっくりディナーをとることに。そんな本日のディナーは、

  • パン
  • ムール貝の白ワイン蒸し
  • ベビーリーフとマッシュルーム、トマトとモッツァレラのサラダ
  • チキンの丸焼き
  • サーモン、イカ、タコ、白身魚、ムール貝のシーフードパスタ

ムール貝は4$/㌔(安っ)。チキンは9$/1羽(激安っ)。

 

Img_71111Img_71121Img_71181Img_71131_2

 

のんべえホテルの料理はそんじょそこらのレストランより美味しいんだよね~catface

今日も歩いては食べてあっという間に2日目終了。炎天下の中だったのでさすがにバタンキュー。

 

----------------------------------------------------

 

Img_70051Img_70021Img_70031Img_70011

 

バタンキューしてると、dineが何やらキッチンでガサゴソガサゴソし始めた。どうやらdine母直伝のフライパンで焼けるクッキーを彼に作っているらしい。

どんなものか気になったので起きて覗いてみると、どう見てもクッキーに見えないし、dineも「う○こみたい・・・。」って(爆)。きっとこれはdine母もがっくりなクッキーに仕上がったことは間違いなし(笑)。

「食べてみて」って言われたら怖いので、早々寝まーす!おやすみなさいsmile

 

 

2010年4月27日 (火)

SYDNEY 1日目(WatsonsBay)

 

Sydney_0271 

 

GW前に2日間有給をもらい、26日に仕事を終え成田へ直行。20時のフライトと、遅めのフライトだったのと、オンラインチェックインをしていたので案外時間にゆとりがあった。

成田空港でお蕎麦をすすってさらばジャポ~ン。

 

Sydney_0021

 

前回はカンタス、今回はマイレージを使ったのでJAL。カンタスに比べ、食事は美味しいし、日本語字幕の映画は沢山あるし、ドリンクサービスやらスナック菓子のサービスやらがひっきりなしで、景気悪いのにこんなにサービスよくしちゃって大丈夫?とこっちが心配するくらいの心地良さ。しかも空席が結構あったので、3人席に移動してゆったり優雅な空の旅、寝る間を惜しみ映画を見まくりました。サイコー!

 
Sydney_0041 

 

あっという間にキングスフォード・スミス国際空港に降り立ち、前回利率の悪い換金所は素通りし、TAXI乗り場へ直行。既に夏時間から冬時間に変わったシドニーは初秋な感じでコートにストールな人もいて、肌寒いったら。前日ののんべえからのメールには「今日は短パンに半袖で一日居たよ!」なーんてあったので、直前に衣装替えして詰め替えたスーツケースには半袖ばっかりなんですけどー。

さて、空港からお家までTAXIで30$くらいのところ、なんだか遠回りをされたかされないか、わからないけど41$もとられたーッ!!
携帯貸してくれたりやたらと親切なふりして、それが10$くらいのサービス料だったんじゃないか?と今感じる・・・(笑)。ただより高いもんは無いよねー母さん!そう、母さん、今回も仲良しこよし、一緒です(笑)。

 

Sydney_0081 お家に着くと、のんべえが朝食を用意して待っていてくれた。

前回カンタスで、たいした食事が出なくて、お腹ぺこぺこで到着し、朝食を用意してくれていなかったのんべに「朝食用意してくれてないのー?」と不満をぶつけたことを覚えていたのか、いないのかはわからないけど?

でも今回は飛行機の朝食が美味しかったんだよね~(笑)。ハハハハハッ

 

Sydney_0174Sydney_0183

 

さぁ、朝食をちゃっちゃと済ませ、今日はフェリーに乗ってWatsons Bayへ。

フェリーのチケットはFerry Ten(33.50$)という1枚のチケットで10回使用できる回数券を購入。毎回、現金やSingle(シングル・片道)チケットを購入するよりも最大で40%の割引があるし4人でも1枚を使いまわしできるので、とっても便利。

 

Sydney_0211Sydney_0231

 

サーキュラーキーから乗船するフェリーにはバスと同様に足として使用するオージーが多いと言われていた通り、オージ色満載。そして乗船するとオペラハウスやボタニックガーデン、ハーバーブリッジを眺めて移動しつつ観光もできるので、WatosonsBayへはバスでも行けるけど、フェリーをオススメします。

ふぅぃ~風が心地よい~。なんてデッキを張り切って陣取ったケド、数分いると芯から冷えびえ。船内へ逃げ込みトイレに行ったり、そうこうしていると30分の乗船もあっという間でWatsonsBayワーフに到着してしまった。

 

Sydney_0341

 

お昼はWatsonsBayで有名な岸辺のレストランDOYLES on the beachへ。フェリーの乗船所脇にもDOYLES on the wharf(お手軽版)があり、こちらの店ではテイクアウトができるので、公園にテイクアウトして持ってくもよし、優雅にレストランで食事もよし。のんべえと私だけならきっとDOYLES on the wharfへ行ってテイクアウトだ・け・ど、今日は大蔵省付なんですもん。レストランへゴーゴーッ♪

 

Sydney_0471

 

私達で貸切状態だったお店には、フェリーから降りてくる人、散歩して戻ってくる人がぞくぞく来店。あっという間にテラス席はいっぱいに。

 

Sydney_0422Sydney_0491Sydney_0461Sydney_0451Sydney_0431Sydney_0411   

 

味はというと、、、まあ、こちらは味がどうのという次元ではなく(笑)、ここはとにかく雰囲気&場所が素晴らしい。ズバリ!シティの喧騒を逃れ優雅に食事ではなく、雰囲気を味わってもらいたいお店でしょう。

 

Sydney2_0111

 

さて、お腹を満たした後はエコーポイントへ。遠くとおーくにシドニーの街を望めます。シドニータワーがちっちゃ(驚)。

 

Sydney2_0011

 

そして、ギャップ(Tha Gap)と呼ばれる荒波で洗われる岩場が圧巻。そしてその奥に小さく見えるのがマンリーの街。

 

Sydney2_0092_2Sydney2_0042_2Sydney2_0101Sydney2_0061

 

このGAPをみながらグルリとウォーキングするコースが多分あったのだけど、母が「私はいい。」と言ったので中止(笑)。あぁ、お正月もそんなことがあったなー、ブルーマウンテンで。のんべえと私は歩くのが好きだけど、どうやら母は違うらしい?!笑


Sydney2_0162

 

そして暗くなる前にする事もなくなり、シティーへ帰る事を余儀なくされる。

 

Closebeergarden

 

夕食は最近のんべえ&かわちゃんがお気に入りだというステーキ屋さんTailors on Central

お店に入り、ビリヤードスペースを通り抜けた奥にレストランスペースがあるので、一見「え?レストランからビリヤード店に変わってしまったの?」と思ってしまうこと間違いなし。私も、現に「え?こんなビリヤードスペースで食べるの?」と言ってしまったし(笑)。

  

Sydney2_0251Sydney2_0291Sydney2_0331Sydney2_0311Sydney2_0301Sydney2_0371

 

何をオーダーしても2人前?いや3人前ある料理だから1人1人前づつオーダーしていたら大変なことに。

外国に来て思うのだけど、基本1人1人前づつオーダーする外国人は食事を残しまくり。それがマナーだかなんだか知らないけど、なんとも・・・もったいないと思うのは私だけ?!そしてやっぱり肉肉肉。サラダを頼んでもなんだか肉がメインと化してるし(笑)。草をもっとくれぇ~~~っ

 

Sydney2_0361 そして、のんべえ達がこ~っそり用意してくれたLa RenaissanceのBirthDayCakeでHappyBirthday!!

そう言えば、こっちに来る前にのんべえからケーキについていろいろ質問されたなー。と今になって思う(笑)。それがこの日の為だったとはつゆ知らず、味もそっけもない態度で申し訳なかったー。とそれも今になって思う(笑)。

案外こういった事には敏感だと思ってたケド、まーったく気付かなかった。異国でもHappyBirthDayをしてもらえて幸せ者だぁ~heart02

初日から相当歩き周り、運動不足の母さん、早速足のすねが痛みだしました。早すぎッ!笑

そんなこんなでとーっても長い1日が終了。おやすみなさいzzzzzzzzzz。

 

2010年4月26日 (月)

SYDNEY

 

Sydney_0101

 

4月の頭にanoから「中旬にハワイに行こうと思って。」とメール。ならば便乗しちまおう!と思ったけれど、anoの日程ではGW前に5日も会社を休むことになるので断念。けれど、探し始めたらGWにかけてまだ空席がわずかに残ってる国があるじゃないか!迷ってたらスグなくなるし、思い立ったが吉日。SYDNEYまでの航空券をポチッとクリックしていました。あ~もう後戻りはできないぞ~。

 
ということでこんなに早く再訪するとは正直思わなかったSYDNEYへ。今回は飛行機の空席で26日~2日と決定(ここしか空いてなかった。)。なんも計画なしのシドニー旅行だけど、何処に行くでもなく、のんべえのするSYDNEYLIFEを体験するだけでもいーじゃないか。

 

Sydney_0031

 

でもこんな性格だから、お家でゆったりぃ~なんてできないんだろうけどね(笑)。では行ってきます!!

 

2010年1月 1日 (金)

SYDNEY 6日目

 

 

Sydney_5091

 

今回のエアーチケットはリコンファームが必要でした。
昨晩カウントダウンを終えリコンファームにアクセスがなかなかできない私を見て、のんべえが「ちょっと待ってて。私の部屋にリコンファームのアクセス方法があるから!」
と部屋に猛ダッシュで入っていった。(もちろんアクセス方法なんてもんはありませんっ)

その後、待てどくらせど戻って来ないのんべえを覗きに行くと、
ブーーッ!そのまんまベッドにダイブした格好で寝てるーッ。
なにー、このインチキ臭さーーーッ!

とこんな事もあったけど無事リコンファームし本日最終日です。

 

Sydney_4921_2 

 

         パッキングを済ませ、最後の昼餐会は
  シドニーで1番だと噂のシドニー・フィッシュ・マーケット内にある
   飲茶レストラン、Fisherman's Wharf Seafood Restaurantへ。
   

 

Sydney_4991_3

予約しておいたおかげで窓際の景色のいい場所に通されました。

ワゴンで周ってきた飲茶の中から欲しいものをオーダーするという手軽でアツアツが食べられる画期的なサービス。

ただ、ただただ・・・店員さんがとっても強引。

どんどんテーブルに置いていこうとするもんだから、なんか焦るし、いらないものまで首を縦に振ってもらっちゃったりしてその後キャンセルすると怖い顔するしー(笑)とってもせわしないんです。

NO!と言える白人さん達、とっても優雅に食べていました(笑)。

 

Sydney_4781_3Sydney_4791_2Sydney_4941_2Sydney_4821_2

 

けれど1品1品は人気店だけにどれもうんまいんです。この他にもチャーハン、マンゴークレープなんかも美味しかったー。フィッシュマーケットにある飲茶屋さんだけあって魚介類が新鮮でエビなんてプリップリ。

 

Sydney_4951Sydney_4851_2Sydney_4931_2Sydney_4961_3

 

そう言えば、NOとは言えない父。
中華料理が苦手なのに最後の昼餐会に飲茶レストラン。ハハッ
文句一つ・・・と思ったけど「最後の最後にん?まてよ?と思った。」となんだかわかるようなわからないような心の叫びを皆に言っていましたが。

 

Sydney_5171_2 その後22時のフライトまで、自宅と近所のモールでゆっくりと過ごし、帰りは6人乗れるタクシーがなかったので、マンションの前でカワちゃん&のんべえとお別れ。

そう、女徳光さんの異名をとる母とのんべえと私。号泣したのは言うまでもありません。

タクシーに乗込むと、嗚咽する私と母と助手席で微動だにしない親分と運転手を怪しむ父。

「この道、来る時は通ってないよな・・・。」とぶつぶつずーと言ってたし、無事空港に着きカードで支払いするのに、カードを奪われるんじゃないかと、最後まで運転手を怪しんでいました。いい人なのに可哀相ー(笑)。

母さんは空港の入り口で自動ドアじゃないただのガラスにそのまま突っ込んで入っていこうとするしで、のんべえ達との別れの余韻に浸るなんてことができるワケもなく。飛行機に乗り込みました。

 

Sydney_5191_2_2

 

そう、そして私が楽しみにする機内食、赤をベースにとってもキュートなんだけど、これがまたちっとも美味しくない。
この後、機内食を食べた母と親分、腹痛おこしてました(笑)。

    そんなこんなで最後までドタバタ劇だったけど、
    以前のSYDNEYのイマイチなイメージとは一転。
        とっても楽しめたし美味しかった!

 

   今回、青空を見られたのが1日?2日だけだったけど、
        予報全て雨だったことを考えれば、
たいして雨にも降られず、ドライブも青空の中できたし、カウントダウンの花火も雨で中止にならなかったし、やっぱり晴女伝説健在です。

 

                 



 

2009年12月31日 (木)

SYDNEY 5日目

 

Sydney_3182

 

  一晩明け、雨もシトシト降っておもたーい朝です。ププッ
  両親には家で留守番しててもらいレンタカーの返却へ。
  日本とは違い指定された駐車場の入り口で名前を言い、
       そこで言われた番号に駐車し終了。

       いや~実にシンプルシステムです。
   

Sydney_3151_3 レンタカーのおかげで予定よりだいぶ早起きできたし、行きたかったお店が偶然にもすぐ近くだったのでそのまま朝食へ。

世界一の朝食でおなじみbillsSurry Hills店へ。

ここは高級住宅街として知られるSurry Hills。

けれど店内は気取らない私達のようなおのぼりさんも入りやすい雰囲気で、フレンドリーな店員さんと世界一美味しい朝食で、一気にテンションアップ。その上朝食をしている間に雨まで上がってしまったのです。

ヒャッホーイッ!。

 

Sydney_2951_2Sydney_3061Sydney_3001Sydney_3121_2

 

もちろん朝食にはリコッタパンケーキとスウィートコーンフリッターを。
    好き嫌いの多い親分も「おいしーおいしー」と大絶賛。
     あぁ、美味しい食事は心を豊かにしますね(笑)。

 

Sydney_3011_4 隣の席にモデルさながらの綺麗なカップルが登場。彼女はコーヒーだけ、フレッシュジュースとスクランブルエッグにパンケーキと食す彼を微笑ましく見てるんです。

店を後にし、のんべえと「ねぇ見た?」「見た見た。」「あの女の人、ちょっとちょうだいって言ってなかったよねー。」「私達だったら絶対ちょっとちょうだいって言ってるよねー。」。

ましてや「ちょっと食べすぎー、ちゃんと私の分も残しておいてよー。」なんて口が裂けても言わないんでしょうね・・・。

とbillsで女性の品格を学んだのでした。「ちょっとちょうだい。」絶対言っちゃうもーん!

 

 

Sydney_3621_2 朝食は別だった両親と合流。観光できるのは今日が最後の日、まだまだ歩き回ります!!     

Strand Arcadへ。

19世紀に建てられ、今も当時の雰囲気を残すアンティークな雰囲気満載の伝統的なショッピングモール。英国文化の薫りを色濃く感じられるのが、このThe Strand Arcadeなのです。

買い物だけでなく雰囲気を楽しめるショッピングモールだけに名所と言えるんだそう。

 

 

Sydney_3561Sydney_3511_4

 

ランチはこのアーケード内にあるイタリアンのお店pendolinoへ。
のんべえが前々から1度行ってみたかったというイタリア料理教室の先生からお勧めされたというお店。
確かに、パスタもしっかりアルデンテ。
がしかし、パスタをスパという母の口には合わなかったようで、
「パスタが硬すぎる。」と不平をもらしておりました(笑)。

 

Sydney_3331_3Sydney_3491Img_13781Sydney_3361

 

こちらクィーンビクトリアビルディング、通称「QVB」。

1898年にビクトリア女王の即位50周年を記念して建てられたんだそうです。その美しさから「世界で最も美しいショッピングセンター」とも言われている通り、どこを撮っても絵になるのです。

 

Sydney_3461Sydney_3471

 

      見てみて~人がミニチュアみたい~。
     通路のど真ん中が吹き抜けとは面白い。

 

 

Sydney_3311

            言わずと知れた中華街。
            今回行けなかったけれど、
   中華街には美味しい飲茶が食べられる店があるみたい。 

 

Sydney_0101_3 

 

       St Mary's cathedral(セントメアリーズ大聖堂)
         オージーが結婚式をあげるならここ!
        というくらい予約の取れない教会らしい。 

 

Sydney_3951_3 

      囚人達によって建てられた、囚人達の宿泊施設。
         今では博物館となっているようです。
      この博物館の中にも気になるカフェがありました。

     (ちなみに16時半以降はこの博物館無料になります。)

 

Sydney_3981_4   

     シティーのほぼ中心にある市民の憩いの場ハイドパーク。 

 

Sydney_3991_3 

 

      ハイドパーク内にあるシドニーアーチボルト噴水。

 

Sydney_3671_3

 

               Martin Place

 

Sydney_3241_3
 
        電車やバスの旅はここから始まります。  
            セントラル・ステーション。

   いや~歩いた!これだけ歩いたらもう思い残すことはない。


Sydney_4331Sydney_4351Sydney_4121_2Sydney_4181_2

 

        いよいよ年越しまで残すこと数時間。
市内をくまなく周り、オーストラリアらしくBBQで年越しを待ちます。
        今日はラムチョップがメインのBBQ。
    これが本当美味しくって持って帰りたいホドの肉厚ぶり。
     こーんなに大きくて1つ100円程度なんてびっくりです。

 

Sydney_4411_2 シドニーの年越し花火は世界三大美港のシドニーハーバーで行われることもあり『Best firework display on earth』と称され、世界中から見物客が押し寄せるほど豪華絢爛。

午後9時にファミリー向けの花火と光で彩られた船のパレード、そして年越しのカウントダウンで盛り上がる午前0時には豪勢な花火が四か所五か所から夜空に次々と打ち上げられるのです。

21時の花火ももちろん観に行く予定だったのですが・・・、アルコールの入った6名、重たい腰が上がりません。「テラスから見えるかも?」というのんべえの一言でハーバーまで行かずテラスからみることに。
しかし見えたのは煙とわずかな花火の先っぽ。ドッカンドッカンせわしない音が6人の気持ちを焦らしたことはいうまでもありません。   ぬおぉ~ッだまされたー(笑)。

 

Sydney_4391_3

           お勧めのビューポイントは3つ。        

  • ハーバーブリッジとオペラハウスが美しく見える名所Mrs. Macquarie Point
  • ハーバーブリッジの仕掛け花火を間近で見られるBradfield Park
  • 混雑が少ないハーバーブリッジ斜め後ろのPyrmont Point Park

Pyrmont Point Park以外は午前中から席取りが必須と殺人的な混み様ということでPyrmont Point Parkに決定。23時半にdineが加わり7名でシュッパーツ。

 

Sydney_4541  

 

               A Happy New Year 2010!!

 

     日本のお節に除夜の鐘、もいいけれど、
   半そで短パン、爆竹のような音の花火で迎える、
     真夏のニューイヤーもとっても素敵でした。
            あぁ贅沢だぁ。

     明日のこの時間は雲の上か~。グスンッ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年12月30日 (水)

SYDNEY 4日目

 

Sydney_2162


           いや~、ミラクルです。
        本日もっこり雲が若干気になりますが、
  我儘は言いません。本日も1日、お天気もちますように。

 

 

Sydney_2821_4


    今日は酒のみの’パラダイス’ハンターバレーへ。

 
   でもちょっとその前にBirkenhead Point outletに寄り道。
  がしかし、ガイドブックに記載されてるオープンの時間が違い、
   閑散としたアウレットモールを指くわえて歩くだけ(笑)。
   結局朝ごはんをアウトレットでとって不完全燃焼で出発。
           おぉ、何しに来たんだか・・・。
  海に面していてすぐ目の前は入り江、雰囲気は最高でした。

 

Sydney_2232Hunter Valley(ハンターバレー)はオーストラリアでは言わずとしれた有数のワインの生産地。

そしてのどかな風景の中に、ワイナリーがななななんと、100近くも点在するのです。

北のアッパーエリアと南のロウアーエリアに分かれていてシドニーから行く場合、手前にあるのがロウアーエリア。
ワイナリー&セラーズドアが固まっているロウアーエリアの入り口にあるインフォメーションセンターに立寄り、MAP付のフリーペーパーやパンフレットを入手。

インフォメーションにはワイナリーの情報がいーっぱい!

 

Sydney_2311


えー、まず最初に向かったのはインフォメーションセンターからほど近い、スパークリングワインで有名なPetersons House

とても小さなセラーズドアーだけれど、とても雰囲気があります。

 

Sydney_2431Sydney_2491_2Sydney_2371

 

こちらで白からロゼ、赤のスパークリングを試飲した後は、
生カキをオーダーし、購入したスパークリングワインをテラスで。
葡萄の木が一面に広がる景色を堪能しつつなんとも贅沢な空間。
気分はすっかりゴクミです♪

こちらで父さん年越し用のスパークリングを購入。

 

Sydney_2551

 

続いてとってもスタイリッシュでモダンなTempus Two

 

Sydney_2581_3 この後に行く老舗McGuigans(マクギガンズ)の4代目が新たなブランドとして立ち上げたワイナリーです。

斬新なデザインのセラーズドアーがとっても印象的でした。

・・・と、昔昔、葡萄ジュースだと思って飲んだそれが赤ワインだったとかで、その時の衝撃がトラウマになりワインは今までご免!だった親分がのんべえの横に陣取って自ずから試飲してるー(爆)。

そんな親分が「オレ、ワイン好きになった。」と言ってるくらいだから雰囲気って重要(笑)。しかーし、好きになったにも関わらず帰国してからまだ1口もワインを口にしてませんけどねー(笑)。

 

 

Sydney_2601_2Sydney_2531Sydney_2611Sydney_2671

 

その後ものんべえ筆頭に試飲が続投中。私はお口なおしにジェラート屋さんでジェラート。

 

Sydney_2681Sydney_2691Sydney_2721Sydney_2732

 

そして3軒目、ハンターバレーで80年以上続くオーストラリアワインの老舗McGuigans(マクギガンズ)。今までの可愛い、カッコイーワイナリーとは違い、倉庫をそのままワイナリーにしたこのマクギガンズの風合いもいい。ここにはチーズ専門店(チーズファクトリー)も併設されているので、チーズとワインを一緒に試飲試食できちゃうのです。

 

Sydney_2181 

       ワイナリーそれぞれに個性があるので、
飲めなくてもそれをみて周るだけでも十分楽しいワイナリーツアー。
      のどかな景色に後ろ髪ひかれつつ帰路へ。
            車内は皆爆睡・・・。
   気持ちよい時間はそうそう長くは続きませんでした。

                                    

Sydney_2811   

           姉さん事件です!!
   旅はお家に帰るまでだとはよく言ったもんです。
シドニー市内まで無事到着し、お家に到着する寸前のこと。
     右折禁止の道路を前の車につられ右折、
  右折すると正面にポ・リ・ス!!まんまと捕まりました。
チーーーーーーーーーンッ!200$の罰金。たっかーー!!
           最後のさいごで・・・。
      お家に帰るまでが旅行ですから~。ハイ~。

      明日は年越し、気持ちを入れ替えてイコーっ。

  
   

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おうちごはん | おでかけ | お気に入り | イベント | 旅行(オーストラリア) | 旅行(カナダ) | 旅行(シアトル) | 旅行(ハワイ) | 旅行(京都) | 旅行(大阪) | 旅行(山梨) | 旅行(浜松) | 旅行(熱海) | 旅行(長崎) | 旅行(長野) | 素敵な店(さいたま) | 素敵な店(その他都内) | 素敵な店(上野) | 素敵な店(中野・高円寺) | 素敵な店(五反田・品川・田町) | 素敵な店(千葉) | 素敵な店(千駄ヶ谷・代々木・新宿・高田馬場) | 素敵な店(半蔵門) | 素敵な店(原宿・神宮) | 素敵な店(広尾・恵比寿) | 素敵な店(新橋・有楽町・東京) | 素敵な店(横浜・湘南) | 素敵な店(永福町) | 素敵な店(池尻・駒澤) | 素敵な店(池袋) | 素敵な店(浅草橋) | 素敵な店(浜松町) | 素敵な店(浜松) | 素敵な店(渋谷) | 素敵な店(白金) | 素敵な店(目黒・中目黒・代官山) | 素敵な店(神保町) | 素敵な店(神楽坂・飯田橋) | 素敵な店(神田・水道橋) | 素敵な店(神谷町) | 素敵な店(笹塚・下北沢) | 素敵な店(築地) | 素敵な店(自由が丘・二子玉川) | 素敵な店(表参道・外苑前) | 素敵な店(西荻窪・吉祥寺) | 素敵な店(赤坂) | 素敵な店(都内) | 素敵な店(都立大) | 素敵な店(麻布・六本木)

無料ブログはココログ

ウェブページ