旅行(カナダ)

2009年8月17日 (月)

最終日

 

Img_35611

 

青空が広がりすがすがしい天気。

部屋にあるコーヒーマシーンでコーヒーを淹れ、一息・・・のハズがコーヒーマシーンが動かない。床に置いたり接触が悪いかとぐりぐりコンセントをいじくっても動かない。「壊れてるみたいだね、飲まなくてもいっか?。」と言うと「飲みたい。」というのでフロントに電話をして「コーヒーマシーンが動かないんですけど・・・?」と伝えるとhotelの人が部屋にやってきた。「エアコンが動かないって?」と。私のコーヒーという単語も通時なかったのか(爆)。

結局大元の部屋の電源をつけてなかったという初歩的なミスだったのですが(苦笑)無事コーヒーを飲み、一息ついてから部屋を出ることができた。

 

Img_38311_4

 

チェックアウトをすませ行き同様holidayinまでテクテクテクテク。
トランスポーターの時刻表をもらっておいたのがよかった。バスは30分間隔で運行しているので、乗り過ごしたら30分待ちは少々面倒なのである。

 

Dsc002271_2

 

渋滞もなくスムーズにバンクーバー国際空港に到着。

本日開通(空港⇔ダウンタウン)したというスカイトレイン。今日1日スカイトレインの乗車賃が無料になるというのになんだかホームは開通日らしからぬ静けさ(笑)。ナゼ?

 

Img_38381_4

 

テレビのクルーもきているのにな~んか盛り上がりにかけるんだよな~なんて思っていたら、それもそのはず、運行は3時間先の13時。

ひぃ~危ない、記念にバスを辞めてスカイトレインで空港まで行こうなんて言ってた私。母が「バスでいいじゃない。」と難色を示したのが不幸中の幸いだった。
もしも何も知らずにスカイトレインの駅に向かっていたら・・・。スカイトレインはおろかバスも間に合わない時間になり、結局タクシーで空港まで慌ただしく向かうところだったのだ危ないあぶない。

さすが長年生きてるだけあって、母さんこういう時の選択さすがです(笑)。

 

Img_38411_2

もうカナダには来ることないからいらない小銭はぜ~んぶ空港で使っちゃお~っと購入したサブウェイのサンドイッチとスタバのコーヒー。

しかも思ったよりサブウェイのサンドイッチが高くて、サンドイッチで無一文に(笑)。コーヒーを危うく日本円で買ってお釣りでまた要らないカナダドルが舞い込むとこでした。危ないあぶない。

母さんの1度なくなって見つかったクレジットカードで買ってもらったスタバのコーヒー(笑)。味わい深い~♪。

カナダドルを綺麗に使い切り、いよいよ帰国。

ありがとうバンクーバー、ありがとうシアトル!ありがとう母さん!笑

 

 

 

 

 

 

 

2009年8月14日 (金)

カナダ旅行4日目

 

Img_34191

 

ロブソン広場の正面に位置するVancover Art Gallery

 

Img_34131

 

ギリシャやローマ建築の要素を取り入れたヨーロッパの神殿を思わせる重厚な石造りの建物。元は1911年に裁判所として建てたれたもので、ビクトリアの州議事堂などを設計したフランシス・ロッテンベリーの作品を1983年に美術館として生まれ変わらせたんだとか。館内は4フロアに分けられており、エミリー・カーなどのカナダを代表する画家や、ブリティッシュ・コロンビア州のアーティストの作品を中心に、17 ~18世紀のカナダ美術や20世紀半ばのイギリスの絵画や彫刻が展示されてました。

 

Img_35721

 

もちろん説明は全て英語だったので絵を一通り眺めて、自分勝手に画家の生い立ちを思い描き自己満足鑑賞会はそそくさ終了(笑)。

 

Img_35691 もちろん美術館もとっても気になっていたのですが、それよりも美術館にあるとってもお洒落なギャラリーカフェが気になってました。まさに花より団子。

ダウンタウンで手頃なカフェとなれば、スタバかBrenzくらい。ダウンタウンの目抜き通りのロブソンストリートのすぐそばにありながら、2階のちょっと見えないところにある為、ダウンタウンのど真ん中にこんなに素敵なカフェがあったことに気付かない人も多いんだとか。

パティオには花がたくさん咲いていて時間によっては音楽の生演奏もあるんですって。セルフサービスなのでチップの計算もしなくてすむのも便利(ここ重要笑)。

このカフェの魅力はそれだけではなく、コーヒーは1.50C$、グラスワイン5.25C$というお手頃な値段設定なのです。キッシュやパニーニ、サンドイッチにパスタと、メニューも豊富。
アートに興味がなくても(笑)、このカフェだけ味わうのもいいかも。

 

Img_35821 さて、美術館を後にしコンピュータ制御による無人運転の軽鉄道スカイトレインでチャイナタウンまで。

このスカイトレイン、数日後には空港からダウンタウンまでつながるそうです。

チケットを自販機で買い、改札も何もないので切符を片手にそのまま乗車。無賃乗車は簡単にできるけれど、見回りに来た時にもしチケットをもっていなかった場合かなりの罰金を支払うことになるらしい。

そんな電車でいい噂を聞かないチャイナタウンに向かったのだけれど、噂通り雰囲気が暗くてとっても嫌な感じ。「そういえば私達中国に興味はなかったね。」とチャイナタウンは素通りしギャスタウンへ(笑)。

 

 

Img_35901 今最も観光地化しているギャスタウン周辺はチャイナタウンと隣合わせなのに打って変わって賑やか。

撮影スポットである蒸気時計の前で母と交代で記念撮影をしていると、1人のおじさんが→(右下のリュックしょってる人。笑)がやってきて「せっかくだから2人一緒にとってあげるよ。」と言ってきた。「こっちの人は親切だね~。」なんて言いながらカメラを渡すと撮りなれてるのかナイスアングルで撮影してくれた。

するとそのおじさん「僕はホームレスだ。写真を撮ってあげたんだから金をくれ。」なんて言ってきやがった。「自分から撮ってあげると言っておいてホームレスだ?そんなもん知るかーッ!」と日本語でまくしたてその場を後にすると、その後他の観光客にも同じことをしていた(笑)。怖い体験・・・どころか、ホームレスに私のカメラを触らせてしまった事がひじょ~にショックである。

 

昨日もイングリッシュベイで2人でタイマーにして写真を撮っていると・・・おじさんが「撮ってあげるよ。」と写真をとってくれたのだ。このおじさんは母に「お姉さんか?」とたずね「お母さんだ。」というと「うそだー。姉妹にしか見えない。」と言われて母は浮かれていた。こんなおじさんがいたから今日も疑う余地もなくカメラを渡したのだが・・・。旅で「写真をとってあげる。」この人の見極め難しいな~(笑)。そうだ、それにしても私と母が姉妹って私に失礼じゃないか?!

 

Img_35951

 

ギャスタウン周辺を散策し、ウォーターフロント駅前にある地ビールパブスティームワークス・ブリューイングへ。1階は落ち着いた雰囲気で、窓からはバラード入江やノース・ショアの山並みが眺められ、最高のロケーション。こちらはテラス席が人気らしく私達が行った頃はちょうど満席だったので少々ウェイティングすることにしました。

 

Img_36001_4Img_36021_2

 

そうそう、こちらに来て毎度食事のオーダーが面倒臭い(笑)。

そこで気づいたのが「お勧めはなんですか?」と聞き、その店のお勧めをオーダーすること(笑)。もちろん自分がどうしても食べたいものがあったら別だけれど、こっちにきたらなんでも食べたいんだもん。このオーダーで外れたことまず無し!

自分達がオーダーした後は周りが気になる事は言うまでもなく(笑)、横に座った老夫婦は何を頼んだんだろうと運ばれてきたものを見ると、フィッシュ&チップス。しかもてんこ盛りを1人1皿づつとビール1パイン。アンビリーバボ!!

 

Img_36121

 

お店から見えるこの景色も残念な事に。

明日からバンクーバーを出るのでいい天気に恵まれたい・・・。

 

2009年8月13日 (木)

カナダ旅行3日目

 

Img_35261

 

起きると本降りの雨。がびーん。晴れ女なのにどうして?

今日はオーガニックマーケットCAPERS(ケイパーズ)で食料を調達し、スタンレーパークでピクニックランチをする予定だったのに。
しかもこの時期には珍しく極寒ときたもんです。

こちらに来る前にバンクーバー在住の人のブログでは連日34℃の猛暑だと書いてあったのに、今日の気温はなんと17℃・・・ありえません。もちろん長袖なんていうもんは1枚も持ち合わせておらず、挙句半袖すらない始末。
上はノースリーブに下は着てきたパンツを除いたら全て短パンという光ゲンジさながらの衣装だったのです。アワワワ・・・。

ひとまづ持ってきた薄手の洋服を何枚も重ね着し、かなり見た目怪しい人だけどそんなことどうだっていいんです。寒いんです(涙)!

 

Img_35041 昼過ぎ雨が上がったところでオーガニックマーケットCAPERS(ケイパーズ)へ行き、オーガニックのお茶やら化粧品、食材などを物色。

最近日本でもオーガニック=体、地球に優しいと大流行り。ここは流行にのってオーガニック製品をお買い上げしておきました。しかも日本よりかなり割安♪

エコ洗剤なんて日本の半分くらいだし、日本でも環境にいいものを安く売れば需要があって、需要の分だけ地球にやさしい国になってさらに需要が増えて・・・と良循環なのに。

と洗剤ECOVER(エコベール) に手を伸ばし「洗剤買って帰ろうかな~。」と母に言うと、「1本買ってその後どうする?続けなかったらエコの意味が無いじゃない。」と言われ、商品棚にエコ洗剤を戻した事は言うまでもありません・・・笑。俄エコな人っているよね~(笑)。

 

Img_35031 こちらでランチをテイクアウトして・・・と昨晩まで思い描いていた青空の下のピクニックランチ。がしかし、この寒空の下でランチなんてもっての他だし、天気の悪い日の公園ホドつまらないものはない!ということでピクニックランチはあえなく中止。

ケイパーズでお買い物を楽しんだ後は、せっかくなのでスタンレーパークをかるーくのぞき(片足つっこんだ程度。)そのままイングリッシュベイにむけてウォーキングに変更。今日は若干疲れも溜まっていることだし、ユルリDAYに変更です。

行きかう人のブーツな足元をみては、自分が持ってきたビーチサンダルを何度も何度も悔いました・・・。

 

 

Img_35281_2

 

ここ、イングリッシュベイは最もサンセットが美しく見えるポイントと紹介されている場所。

この時期は花火がこのベイで打ち上げられてとっても賑わうらしいのです・・・が、それも先週で終わってしまったらしくなんだか閑散としていました。

 

Img_35291

 

グランビルアイランドとイングリッシュベイを往復するミニフェリーもこのイングリッシュベイにはあります。

 

Img_35221

 

散歩道が海岸沿いにず~っと続いているのでウォーキングにはもってこいでした。しかしこの景色は夏の面影ゼロ!なんだか夏の終わりを告げてる感は否めません。

 

Img_35591

 

イングリッシュベイを歩き→イエールタウンを散策→RODNEY'Sオイスターハウスへ。これが我ながら行き当たりばったりなのにとってもナイスな企画でした(笑)。

入れると思っていなかったHAPPYHOURタイムに間に合ってしまった上、ほぼ満員のテーブル席にもギリギリ2名入れたのです。この達成感といったらありません。

今日1日の残念なことは皆帳消しです(笑)。

 

Img_35412

 

うんうん、なんかこういう酒場の雰囲気っていいよね~。

こちらバンクーバーの有名なオイスターバー。ナチュラルウッドなぬくもりが広がる店内は、船の中にいるような雰囲気さながら。カナダ産を中心とするオイスターは常時8種類~10種類以上揃うんだとか。


Dsc000761

 

ちょうど18時まではHAPPYHOURと称して、ディナータイムよりオイスターや他のメニューを低価格で頂くことがきるんです。到着したのが17時半。オイスターも1つ2.5C$のところを1.5C$だったり、HAPPYHOURでしか食べられないメニューがあったりとお得感満載でした。

 

Img_35431

 

生蠣は地元浜名湖で獲れるので、母は蠣に案外うるさかった(笑)。オーダーしたオイスターを口に放り込み、これがこっちの蠣ね、、、こっちの人はこんな厚みが無くてペラペラの蠣でいいんだ。浜名湖の蠣を1度食べさせてやりたいって。かなり上から目線発言(笑)。

 

Img_35341

私はどちらかというと、浜名湖のプリップリな蠣よりこちらの薄っぺらい蠣の方がグロテスクな感じがなくって好み(笑)。さらに薬味の西洋わさびが新鮮でした。

こちらの店があるイエールタウンはNYのソーホーとでも言おうか?お洒落なレストランが軒を連ねていて食いしん坊なおのぼりサンには目移りしてなりません(笑)。

お洒落なお店も多いので食後にお散歩がてら歩くのにも事欠かないとっても素敵な街でした。

3日目にしてやっと食事でオーダーするのに慣れてきたような・・・(笑)。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年8月12日 (水)

カナダ旅行2日目

 

Img_34391

 

2日目はグランビルアイランド へ。

グランビルは False Creek(フォールス・クリーク) に突き出した小さな半島。1950年代、カナダの造船業の中心として栄え、その後衰退。1970年代の再開発で買物、食事などが楽しめる人気スポットになったんだとか。

 

Img_34371 Barrad stから50番の False Creek(フォールス・クリーク)行きの市バスに乗り、グランビル橋の下 False Creek(フォールス・クリーク)で下車。

←運賃は、移動エリアによって2.5~5.0C$。バスに乗車してから運転手に2.5C$を支払った時に受け取る切符(トランスファー・チケット)で、同一料金エリア内であれば1日乗り降りが自由となる。

グランビルは前回来た時よりもかなり拡大されていて、店も増えかなり見ごたえありました。

 

Img_34491

 

グランビル内にあるパブリックマーケットでは魚介類、フルーツや野菜などが量り売りされていて、とくにフルーツなんてその場でつまみ食いしちゃいたいホド。

キッチン付のホテルだったら、ここで新鮮な食材を調達して調理するのも楽しいんだろうけど生憎ホテルはキッチン付きではないので、今回は見て楽しむだけ。

「美味しそうだな~。」とフルーツを眺めていると、横でほっかむりをしたおばちゃん「食べてごらんなさい。美味しいわよ。」とおばちゃん1つをパクリ。ん?この人店の人?「うん、いい味ね。」なんて言いながらそそくさと消えて行った・・・。えぇ!!店の人じゃなかったの~?なのにこんなに堂々と食べていいのかーッ?!(驚)。 

 

Img_34511

 

実は本日寝坊してしまい飛び起きてグランビルに来てお腹はペッコペコ。

グランビル内にあるフードコートでインドカレーをブランチに。2種類のインドカレーをチョイスしてライスにチャパティも付けて。ウォーターフロントという最高のロケーションで食事ができるなんてほんっと贅沢。そしてデザートにはさっきパブリックマーケットでほっかむりをしたおばちゃんが試食して美味しいと言っていたアメリカンチェリーを(笑)。

 

Img_34601

 

食事を済ませ、またグランビル内を散策。とにかく広いし、疲れたらウォーターフロントで休憩すれば好きなだけアホになれる・・・(笑)。

皆買い物はもちろんのこと、外で読書したり、広場で行われている大道芸を観たりとそれぞれこの空間を楽しむ姿が印象的でした。

 

Img_34701

 

散策の合間にふらりと立寄った地ビールの醸造所グランビル・アイランド・ブリューイング は、カナダ初のミニ醸造所。Island Lagerなどそこで造られた地ビールが飲めるので「一通り見て周った後はこの店でお茶の変わりにビールで休憩しよう。」と母。
お茶よりビール、そう、母はかなりののんべえなのです(笑)。

 

Img_34721

IPAビールとPale Aleというbitterに少し似た感じで深い味わいのビールをオーダー。

天井が高く解放感のあるバーは昼間から見事に満席。

ここではほろ酔い気分の陽気な客からビール片手に読書をする物静かな客と様々。

陽気なアジア人親子(私と母)は読書をするカナディアンの席に相席させてもらいました。なんか横に読書してる人がいるというのはひじょ~に居ずらい。しかし逆に読書中のカナディアンからしたらピーチクパーチク日本語で話す私達がうっとうしいかったに違いない(笑)。

 

Img_34571_5

 

ほろ酔い気分でグランビル・アイランド・ブリューイング後に。

「昼間のビールはやっぱり効くねー。」というと「これだけじゃちっともお母さんには効かない。」って(爆)。

 

Img_34791

 

さてグランビルから行きと同じく50番のバスでダウンタウンに戻り、明るいけれどディナータイム。本日はFour Seasons Hotel YEW で母の誕生日会なのです。

毎年、母と私はお互いの誕生日を美味しいものでお祝いすることにしていて、先月誕生日だった母に「日本とカナダ、どっちでお祝いされたい?」と聞くと「せっかくだからカナダでお祝いして欲しい。」とのリクエストだったので、Four Seasons Hotel のレストラン「YEW」で行われている「No Passport Required」のディナーセットを日本から予約しておきました。

 

Img_3481_21

 

こちら世界中にあるフォーシーズンズホテルから幾つかのホテルが厳選され、その国にあるホテルのイメージでメニューが作られてさらに月替わりというスペシャルなセットなのです。「パスポート無しに旅ができる」というコンセプトが実に面白い。

 

Img_34831 ちなみに4月は日本、5月:メキシコ、6月:イギリス、7月:フランス、8月:ブリティッシュ・コロンビア(カナダ)、最後に9月:イタリアとなっていて、ラッキーな事に今月はカナダだったのです。

普段ならフランスやイタリアに興味をひかれるのだけれど、せっかくカナダに来たのだからカナダを味わいたいもんねー。

テーブルに案内され席についてメニューを見ながら、
「カナダ料理だからやっぱり肉よりシーフードだよね。」
「このPlawnってなんだっけ?エビだっけ?ホタテって英語でなんだっけ?」とまあプリフィックスだけに英語のメニューはオーダーまでに本当時間がかかった(笑)。

電子辞書を出し単語を検索しながら四苦八苦(苦笑)。想像と全く違うものが出たりもしたけれど、それはそれで異国の旅にはつきものということで(笑)。 


Dsc000451_3


このNO passport Required setは前菜+メイン+デザートで35C$(税サ別)ととってもお得。ただチョイスするものによってはプラス料金がかかるので結局50C$くらいにはなってしまうけれど、それでもホテルディナーからしたら破格です。

しかもパスポート無しでいろんな国の料理が食べられるなんて楽しすぎでしょ。

 

Img_34861

 

食事を終えてもまだまだ明るい。なんかこう明るいと1日が長くて得した気分だけれど、陽が沈んでからまた1食いっちゃいそうで危険なんだよねぇ(笑)。

21時まではどこのショップも開いているし、大好きなスーパーマーケットは深夜12時まで。食事を終えた後もオープンしているお店をくまなくチェックし、ホテルへ戻り2日目終了。

いや~今日もよく歩いた。



2009年8月11日 (火)

カナダ旅行1日目

 

Img_34031

 

 

のんべえがこの時期カナダ(バンクーバー)に行くというので、カナダ(バンクーバー)までのチケットを取ったら・・・「カナダは辞めた。」って・・・おーいッ!!

「夏のカナダといったらロッキーだよねー。ロッキーに何泊する?楽しみでしょうがないね♪。」なんてのんべえ言ってたのに、一変して「誰も行くなんて言ってない。」って~まじですか・・・。
ということで英語の話せない私と、母と珍道中旅行です。

こんな母子旅行の機会なんて滅多あるもんじゃないし楽しまないと!と、やっと気分を上げた旅行前日、翌日は台風が東京に上陸だと。明日出発なのに飛行機は無事に飛ぶのだろうか・・・と前日から不安にかられる私と母。

まあ台風がドンピシャなんてあるわけないし、一晩寝たらそれるでしょ?と内心気になりながらも寝ると・・・明け方ぐらっぐらっと長い地震。ひぃーーーッ!!静岡震度6弱!!
Oh!!My Got!!
そう、母は今日震源地の静岡から新幹線でくる予定なのにーッ。まじですか・・・。
地震から数分し、新幹線が運転見合わせ。
よりによってこんな日に勘弁してよぉ~、最悪父に東京まで送ってもらえばいっか・・・なんて思って2度寝すると、東名高速が崩落し通行止めになっているというじゃないか!これで車という手段は消えた・・・。えぇ~どうなるのぉ~?。

と昨晩から台風だの地震だので天災にハラハラ続きでおだやかじゃない。新幹線は始発から2時間運転見合わせで10時にやっと運転再開。母もいつ乗れるかわからないと乗れる新幹線に飛び乗って散々のドタバタ劇をくり返し、無事母と合流することができた。

ふぅ~ッ

では行ってきます。なんか幸先悪いけど大丈夫か・・・この旅。

 

Img_38351_2

 

 

AIRCANADAは新しく、パーソナルテレビだし、食事も美味しいし、サービスもいい。映画も沢山上映されていて快適。8時間のフライトもあっというまで定刻通りYVR(Vancouver International Airport)バンクーバー国際空港に到着。
前回きたのは、、、うーんと9年前。完全記憶ゼロです。

 

 

Img_34042

 

 

お迎えゲートには看板かかげた日本人やらカナダ人で大賑わい。抱き合ったり、喜んだり実に楽しそうで羨ましい(笑)。その横を通り、もちろんお迎えなんてない私達はAIRPORTERでまずはホテルまで。片道14ドルで往復だと22ドルなので往復を購入。私達が泊まる予定のホテルにはAIRPORTERが停まらないので、一番最寄りのHolidayinで下車することに。念の為ドライバーにHolidayinで下車することをアピールしておく(笑)。

 

 

Img_38292

 

 

ぐるぐるダウンタウンの主要ホテルを周りや~っと、smith st とseymour st にあるmoda HOTELに到着。今回はネットの評判で決めました。アパートメントのような雰囲気がとても素敵だし、清潔だし、ホテルの人も親切だし、ダウンタウンまですぐ近くで便利だしでカナダにいる間はここに泊まることにしました。

 

 

Img_34061Img_34081Img_34101Img_38241Img_35023Img_38251   

 

 

荷物をおいてまずは換金へゴー。金が無くては戦はできぬ。そう、カナダは空港と街中の換金率がかなり違うということをネットの情報から拾っていたので一番レートの良い店VBCA(後でネットでみると他にもっとレートの良い店を発見。涙)へ。無事換金も済ませ買い物ができるぞー。ちなみにこの日のレート「1C$=89円」。

 

 

Img_34181

 

 

バンクーバーの街は碁盤の目になっていてとってもわかりやすい。けれど母は覚える気が全く無いので「このstはこう行ってこうだよね?」と確認しても「え~?そうなの?makoもう覚えたなんて凄いね~。」でちっとも役に立たない。バンクーバーの地に降り数時間、この旅では母に頼るのは一切やめようと心に決めたのでした(笑)。

 

 

Img_34201 飛行機で変な時間に食事をしたせいか、イマイチお腹が空いたのかいっぱいなのかわからない。

なので街の至るとこでみかけたホットドックの屋台でホットドックを購入。胃が疲れてるからか(?)カナダにきて最初の味はイマイチな感じでした(笑)。

そう、ホットドックの屋台も多かったけれどそれ以上に多かったのがスタバ。犬も歩けばスタバに当たるってぐらいスタバな街には驚きでした。VIVA スタバ in CANADA。

 

 

散策し、ダウンタウンをある程度把握し、15時くらいかな?そろそろお茶でも?なんて思って時計を見ると・・・なんと20時。ナニこの明るさびっくりです。人間暗くならないと夕食って思わないもんなんですね~。

 

 

Img_34301

 

 

すっかりお茶タイムだと思っていた予定を急遽変更し、日本を飛び立つ寸前にaromaさんから教えてもらったダウンタウンにあるHon'sへ。ここは大衆食堂のような中華料理屋さん。チャイナタウン店の方が安いらしいけれど、今回は近場のダウンタウン店にしました。ほぼ広い店内は満席に近い状態で活気があってなんともいい感じ。

 

 

Img_34231Img_34331Img_34271

 

 

適当に数品頼んでみると写真ではわかりにくいけれど、コレ、かなりの量なんです。チャーハンなんて、何人前だよ!と突っ込みたくなるホド。横のおばちゃんも「よく食べるのね~。」なんてちっこいアジア人親子を奇特な人扱い?!笑。

 

Img_34312 スープなんて、スモールサイズを頼んだのに、これですから・・・。外国の食事をなめんなよ。。。と食文化の違いを目の当たりにした初日。

明日からは2人で1人前。そうしよね!と決めた夜でした(笑)。

無事1日目終了。

 

 

その他のカテゴリー

おうちごはん | おでかけ | お気に入り | イベント | 旅行(オーストラリア) | 旅行(カナダ) | 旅行(シアトル) | 旅行(ハワイ) | 旅行(京都) | 旅行(大阪) | 旅行(山梨) | 旅行(浜松) | 旅行(熱海) | 旅行(長崎) | 旅行(長野) | 素敵な店(さいたま) | 素敵な店(その他都内) | 素敵な店(上野) | 素敵な店(中野・高円寺) | 素敵な店(五反田・品川・田町) | 素敵な店(千葉) | 素敵な店(千駄ヶ谷・代々木・新宿・高田馬場) | 素敵な店(半蔵門) | 素敵な店(原宿・神宮) | 素敵な店(広尾・恵比寿) | 素敵な店(新橋・有楽町・東京) | 素敵な店(横浜・湘南) | 素敵な店(永福町) | 素敵な店(池尻・駒澤) | 素敵な店(池袋) | 素敵な店(浅草橋) | 素敵な店(浜松町) | 素敵な店(浜松) | 素敵な店(渋谷) | 素敵な店(白金) | 素敵な店(目黒・中目黒・代官山) | 素敵な店(神保町) | 素敵な店(神楽坂・飯田橋) | 素敵な店(神田・水道橋) | 素敵な店(神谷町) | 素敵な店(笹塚・下北沢) | 素敵な店(築地) | 素敵な店(自由が丘・二子玉川) | 素敵な店(表参道・外苑前) | 素敵な店(西荻窪・吉祥寺) | 素敵な店(赤坂) | 素敵な店(都内) | 素敵な店(都立大) | 素敵な店(麻布・六本木)

無料ブログはココログ

ウェブページ