旅行(浜松)

2010年7月 3日 (土)

帰省

 

I_0011急用ができたのと、その用事と地元で開催される花火大会がうまく重なってくれたので、運良く土日が休みになった親分と一緒に、駅弁を買いこみギリギリの最終電車に飛び乗りました。セーーーッフ!!

駅弁って旅行気分をさらに高めてくれるから好きなんだよねー(今回は旅行じゃないけど)。

東京駅の駅弁は最終電車間際の時間になるとほとんどが「完売御礼」。

チっ・・・、もう少し選びたかった・・・。というか崎陽軒のシュウマイ弁当が食べたかったー(笑)。

 

---------------------------------------------------

 

I_0031

 

翌朝、朝食を食べ、親分と愛知県鳳来町にある湯谷温泉にある露天風呂お食事処 ゆかわへ。ここは露天風呂のみの、混浴と女湯が2つぽっきりの小さな温泉。

口コミでは「混浴には女性(おばさん)が結構入っている。」と書かれていたのでいけるか!?と思ったけれど、いや~、まだ躊躇する自分がいました(よかった笑)。もうちょっとおばさんになってから混浴にはトライしてみたいと思います。

 

I_0042I_0051I_0161

 

女湯は私1人の貸切状態。「わーい貸切貸切~。」と最初はウハウハだったはずが、雨がザーザー降り出してくると、なんだか寂し・・・というか怖い(笑)。

 

I_0121 ガサっという音にいちいちビビリ、「誰かいる!?」と振り返ると野良猫。目線を外さないし逃げない野良猫にもビビりまくりでした。ハハッ。

ただ、湯船から見渡す景色は絶景で、宇蓮川や宇蓮川に掛かるつり橋、「浮石橋」を眺めながら「あぁ、日本人でよかった・・・。」と。

今度は晴れた日に絶景を見ながら炭火焼きも楽しめる食事付のセットにして、また来ようっと。

 

I_0221

 
その後、ゆかわさんと目と鼻の先にある田舎茶屋 まつやさんでお蕎麦と五平餅でランチ。

 

I_0181I_0201

 

食事を終え、鳳来を後にした後花火までまだまだ時間があったので、里帰りしているmaの実家へ。この間会った時よりも赤ちゃんらしくなってきて、くぅ~ッ!かわいすぎる~~ッ。

 

I_0361I_0381I_0401I_0333

 

親分の脇にすっぽりはまって「俺のこと布団だと思ってるよ~。」なんて喜んでる親分。そうそう、親分は立派な肉布・・・いや、なんでもない。でもmaベイビーが心地良さそうでよかった♪。

さて、maベイビーに抱き癖がつくんじゃないかってくらい抱きまくりで家に戻ると、皆勢揃いしていて、花火の前から始まる恒例の夕食タイム!
そして花火の時間が迫るにつれて雨もいい感じに強まっていきます。「今年は傘さして鑑賞なんて最悪だね~。」なんて話していたら、父親から電話。
花火の神様がいました!

 

I_0581 なんと花火会場目の前のホテルの一室で花火が見れちゃうというのです。しかもフレンチのお食事付。若干面倒臭そうな渋々の母だけど、これは重たい腰も上げまくりで行くっきゃないでしょーッ。

テラスからの花火は、人混みに揉まれず雨にもぬれず優雅に見れるのはもちろんのこと、花火が映画の巨大スクリーン状態だし、眼下に広がる浜名湖と鳥居のコラボレーションがまた格別。

芋洗い状態の混雑ぶりをテラスから眺めては、「幸せ~、いや~、幸せだ~。」の連続でした。

 

I_0731

 

雲がかっていた花火もだんだんいい感じに煙が流れ初め、花火と水面下にうつるキラキラ反射する花火を皆でた~っぷり楽しむことができました。こんな贅沢させてもらっちゃったら来年、家でなんて観れないよ~~~ッ。

 

I_0601I_0621I_0821I_0701

 

帰りの新幹線から「昨日はありがとう、来年もあのコースがいーなー。お願いします。」と父親にメールしたところ、花火大会については返信がありませんでした。

夢のような、、、いやあれは夢だったのかもしれない。。。

 

 

2010年5月 3日 (月)

GW

 

旅行の日記をノロノロ書いていたら、もう6月!?サクサクっと後追い日記にしたいと思います(汗)。

 

Hamamatsu_0441_3

 

GW初日、迎えの父の車で浜松に向けシュッパーツ!ずーっと連休の無かった親分も3日~5日だけ運良くお休みがとれたので、久々に一緒の帰省です。

渋滞を恐れ、早朝に出ようとするもバタバタ準備が間に合わず、結局8時出発。世間が一番出かけそうな時間帯で相当な渋滞に巻き込まれるんじゃないのー?!という4人の心配をよそに、するする~と渋滞に合う事無く浜松へ到着。

 

Hamamatsu_0451_3

 

3日~5日はちょうど浜松祭。4日には親分と中田島砂丘で行われている大凧揚げを観に行き、自分の体よりも大きな凧が舞いあがる様は圧巻。結構沢山の凧が墜落してくるので、頭に凧の木枠が刺さるんじゃあないかヒヤヒヤもんでした。

 

Hamamatsu_0481_4Hamamatsu_0491_2_2Hamamatsu_0501_3Hamamatsu_0511_3

 

帰りは親分たっての希望でむつぎくでランチ。

なんとGWだったからか、餃子マップなるものを持った観光客で長蛇の列。まんまと1時間半並びました(オーマイガッ!)。宇都宮餃子にならんで、浜松餃子って今やマップまでできちゃって、観光名所になりつつあるのね。

餃子は好物では無いので美味しい不味いはイマイチ鈍い私。母曰く「喜慕里のが全て(もやし、漬物、餃子)において美味しいわっ」と。親分は「むつぎくのが好きだなー。」だって、まさに三人三様。

 

Hamamatsu_0521_3

 

そして夕飯は父と母と4人で鰻昇亭のうな重に舌鼓。

会いたかった友達は旦那さんの実家に帰省中で時間が合わず残念!そんなこんなで長かったGWもあっという間に明日で終わり。実家ではあげ膳すえ膳の3食昼寝付。10日間のGWで、家事をしない生活に慣れてしまい、明日から元の生活に戻れるかとっても不安です。

 

2008年9月13日 (土)

お家カフェ「茶房日々」

 

0809016_001

 

           座卓に映る木々と百日紅。
            ため息がこぼれる・・・。

 

        お盆にお墓参りができなかったので、
        親分のお休みと重なった週末に帰省。

     ちょっと遅い実家での夏休みを満喫してきました。

      
     

0809015_0110809015_0190809015_0200809015_066

 

 

         オーナーさんが自宅をカフェにし、
      月に4日だけオープンするという茶房日々。
    偶然にも今回の帰省とオープンの日が重なったので、
           早速行ってみることに。

         
      ツクツクボウシの鳴き声をバックミュージックに、
       夏の名残と秋の佇まいが同調し調和され、
          雰囲気があるのは言うまでも無く。
          木々と自然にとけこむ日本家屋。
           どこをとっても全てが絵になる、
    オーナーさんのセンスがそのまんま出されたお家カフェ。
             

 

 

    0809015_074  

 


     三種類のスイーツから二種類をオーダー。
   「はじめに器ありき」というだけに素敵なお皿たち。      

      第9番目の月の日、菊月のスイーツ。
(かぼちゃ、リンゴジュース、小豆、くるみ、メイプルシロップ、
         地粉、なたね油、寒天、塩)

 

 

    0809015_077

 


      オブジェかと思ったクスクスのパフェ。
(クスクス、リンゴジュース、豆腐、白味噌、レモン、粉寒天、
 穀物コーヒー、メープルシロップ、塩、バニラエッセンス)

    どうやら美しく作られたMacrobiotioc Sweetsは
      親分の口には合わなかったようです(笑)。

 


0809015_0700809015_0490809015_0820809015_061

 

 

        庭に何気なくおかれたテーブルとチェアー。
               そして座敷まで。
         終始カメラを押す指が止まらない(笑)。

         すっかりくつろいだ後、離れにある蔵へ。
       そこはオーナーさんの好きな詩や絵が飾られ、
            図書室として開放されてました。

 

 

       0809015_094

 

 

       窓枠という額にすっぽりはまる外のグリーン。        
           そして何気なく置かれた稲穂や、
           トンボの置物が初秋を感じさせる。
             なんだかホッとする・・・。

 

 

0809015_0870809015_0900809015_091

 

 

          
      ゆるりゆるりと時間が流れるこのカフェで
         すっかり寛いでしまいました。
 こんな居心地のよい空間を自分の家の中にも作れたらな・・・。

         

 

 

 

 

 

 

 

2008年6月 1日 (日)

地元ならでは

   

   080531_031

 

      「餅かつおがあがったから食べるか~?」

         と近所の人がもってきてくれた。

 

この時期のかつおは身がプリップリしていてモッチモチということで”餅かつお”呼ばれているまさにこのネーミングはドンピシャ。ちょうどタイミング良く餅かつおがあがった日に帰っているなんてラッキー!

そういえば、かつおというと思い出すのが”かつお茶漬け”。家では新鮮なかつおが手に入ると決まって最後のしめには”かつお茶漬け”にしていた。たいそうなものではないけれどミスマッチに見えるこのお茶とかつおの組み合わせ、意外や意外かつお出汁とお茶が絶妙な味をかもし出すんです。

1.炊きたてご飯にかつおの切り身とわさびを埋める
2.お茶をかける
3.醤油を周しかけする

かつおがあつあつのご飯とあつあつのお茶でいい具合に表面が白くゆであがり中身は半生状態。久々に食べたけどやっぱりこれ美味しい。おじいちゃんがよく食べてたおじいちゃんの味。

 

   080531_046

 

      「生しらすがあがったから食べる?」

          とこれまたご近所さん。

 

これまた新鮮ホヤホヤテカテカぷりんぷりんの生シラス。これも東京じゃあなかなか食べる機会が無いのでこれまたラッキー。しかしよく見るとグロテスクだなあぁ~・・・(笑)


   080531_045

 

とても食べおおせないほどの量をもらったので、しょうが醤油で生シラスを一品、釜揚げにして一品、そして天ぷらにしてもう一品と魚づくしの夕飯が完成~。やはり食べ物は鮮度につきる。野菜もそうだし魚も肉も、鮮度がいいものはやっぱり美味しいって当たり前か。

 

080531_048080531_047_2

 

満足ご飯で身も心も満腹。三日間の極楽生活もあっという間に終了。江戸に帰らねば・・・。


 



 


 


 


 


 



2008年1月 2日 (水)

美味しいもの

日帰り温泉あらたまの湯に行ってきました。自然に囲まれたこの温泉は源泉のかけ流しが楽しめる石庭をながめる石庭の湯と森林浴を楽しむ森林の湯がありました。今回は森林の湯へ。森林浴をしながら温泉に浸かる・・・最高のリラクゼーションでした。

帰りに寄ったコメダ珈琲 でアイス珈琲とシロノワール。シロノワールとは温かいデニッシュの上にソフトクリームがのったもの。コメダの名物でとっても美味しいのだけれど、今回失敗したことにアイス珈琲の上にソフトクリームがふんだんにのったアイス・ド・ティーフロートを一緒に注文してしまった。ダブルのソフトクリームにちょっとげんなり。食べても食べてもソフトクリームがなくならないんだもん。。。温泉で暖まった体も一気に冷えひえになってしまいました。次回は気をつけなくっちゃ。

Img_3030 Img_3027_2

夜は私の希望で鰻昇亭へ。やっぱり鰻は鰻屋さんで食べるのが一番。ふわっふわの鰻とトロリとしたタレの美味しいこと。浜松の鰻が一番だなぁ~。

      Img_3032

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年

A HAPPY NEW YEAR!!

  御雑煮とお節とおとそが食卓に並ぶと一気に正月気分。昔から当たり前のこの光景なんだけどやっぱり毎年ワクワクしちゃうなあ~。食事をしてのんびりした後は法多山 に初詣。Img_3026 今年は厄年・・・法多山名物厄除け団子を食べたので今年はこれで乗りきらねばッ。

2007年12月31日 (月)

大晦日

    Img_3006_5 

今年の大晦日は私の実家で過ごすことにしました。
帰って早々みかん狩りに。
みかんはすでに終わってしまっていたので、急遽ポンカン狩に。笑
20年以上ぶりのみかん狩、、、いやポンカン狩。取れたてのポンカンはみずみずしくて美味しさ倍増だったぁ~。

その後は三ケ日まで足をのばして前々から気になっていた蔵茶房なつめ へ。 猪鼻湖  を望む景色を見ながらの素敵なロケーションに天然水で作られた美味しい珈琲とワッフル。 暫く時間を忘れてぼーっとしちゃいたくなる空間でした。他のメニューもとっても美味しそうだったので、次回またいこーっと。それにしてもカップルカップルカップルしかいない店内。この辺のデートスポットなのだろか・・・?

Img_3008_2 Img_3009_5

夕飯の前に雄踏温泉 に入って新年までのカウントダウンに備えました。今年もあと残りわずか。来年はどんな年になるんだろうか今から楽しみです。

その他のカテゴリー

おうちごはん | おでかけ | お気に入り | イベント | 旅行(オーストラリア) | 旅行(カナダ) | 旅行(シアトル) | 旅行(ハワイ) | 旅行(京都) | 旅行(大阪) | 旅行(山梨) | 旅行(浜松) | 旅行(熱海) | 旅行(長崎) | 旅行(長野) | 素敵な店(さいたま) | 素敵な店(その他都内) | 素敵な店(上野) | 素敵な店(中野・高円寺) | 素敵な店(五反田・品川・田町) | 素敵な店(千葉) | 素敵な店(千駄ヶ谷・代々木・新宿・高田馬場) | 素敵な店(半蔵門) | 素敵な店(原宿・神宮) | 素敵な店(広尾・恵比寿) | 素敵な店(新橋・有楽町・東京) | 素敵な店(横浜・湘南) | 素敵な店(永福町) | 素敵な店(池尻・駒澤) | 素敵な店(池袋) | 素敵な店(浅草橋) | 素敵な店(浜松町) | 素敵な店(浜松) | 素敵な店(渋谷) | 素敵な店(白金) | 素敵な店(目黒・中目黒・代官山) | 素敵な店(神保町) | 素敵な店(神楽坂・飯田橋) | 素敵な店(神田・水道橋) | 素敵な店(神谷町) | 素敵な店(笹塚・下北沢) | 素敵な店(築地) | 素敵な店(自由が丘・二子玉川) | 素敵な店(表参道・外苑前) | 素敵な店(西荻窪・吉祥寺) | 素敵な店(赤坂) | 素敵な店(都内) | 素敵な店(都立大) | 素敵な店(麻布・六本木)

無料ブログはココログ

ウェブページ