« 鼎泰豊(ディンタイフォン)で夕飯 | トップページ | Fonda de la Madrugadaでメキシカン »

2011年1月27日 (木)

山岸食堂でランチ

 

050_0042

 

以前から先生に美味しいと聞かされていた山岸食堂
イタリアの国旗が入り口に飾られているけど、
決してイタリアンの小洒落た雰囲気じゃないからね!
むしろ汚な美味いお店だからと念を押されて初訪問。
おじさん1人と奥さん?とできりもりするまさに食堂といった感じ。
そんなお店にアフターファイブにゆっくり訪問する予定が・・・、
随分と先まで予約で埋まっていたので、
夜は諦め、半休を取ってランチで訪問することにしました。

 

050_0011

 

このお店のランチの予約システムが一風変わっていて、
予約はテーブルの予約ではなく手打ち麺の予約。
しかも朝の一番忙しい時間の8時からの予約開始スタートときたもんです。
今回はそんな忙しい中、朝の8時にスタンバって先生が私と2人分の麺の予約をしておいてくれました。ありがとー。

  

050_0022

 

ランチは1050円のパスタランチのみ。
サラダにパン、パスタに珈琲がつきます。
パスタは20種類くらいからと実に多彩なメニュー。
手打ち麺にはやっぱりクリーム系でしょ?!
と私が選んだのがクリームの王道カルボナーラ。
そして先生は海老とトマトのトマトクリーム。
この手打ち麺、うーんまいっ。
サラダの菜っ葉が水切りが不完全なことをのぞけば、
店内も、料理を作るおじさんも、友達が言うホド気になりませんでした(笑)。

 

050_0062

 

ランチにはデザートが付かなかったのでそのままキルフェボンへ。
先生も私もキルフェボンには初訪問。
どこの店舗も行列かと思いきや、平日の昼時はなんと待ち時間0分。
こんなチャンスは無いわと駆け込んだけれど、
お茶する空間は横のテーブルとほとんどぴったんこ。
なんだかワンフロアーにお客を入るだけ押し込んだ感が否めない。

そして季節のタルト白苺。
タルトにまんべんなくしかれた白苺が気になったけれど、
1ピース1500円と驚異の価格。
私も先生も白苺を横目に他のフルーツで我慢することに。
だってランチより1ピースのタルトが高いんですからー。
いつかワンホールまるごとがぶりついてみたい。

 

« 鼎泰豊(ディンタイフォン)で夕飯 | トップページ | Fonda de la Madrugadaでメキシカン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鼎泰豊(ディンタイフォン)で夕飯 | トップページ | Fonda de la Madrugadaでメキシカン »

無料ブログはココログ

ウェブページ