« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月28日 (金)

Fonda de la Madrugadaでメキシカン

 

050_0261

 

以前から美味しいと評判のこのお店Fonda de la Madrugada
UKOが先日そのお店に食べに行ったなんて言うもんだから、
いてもたっても居られず、メキシカン好きな友達を早速誘って初潜入。

 

050_0081

 

雰囲気のあるエントランスからどんどん下へ下へと下って行くと、
まるで洞窟のそこに広がる異国の地。
とっても雰囲気のある店内はディズニーランドのアトラクションの中にでも迷い込んだかのよう。

 

050_0121

 

UKOからも、美味しいと伝え聞いた友達からも、
1品1品量が多いから、少人数だったらオーダーするものを気を付けてと言われていたけれど・・・

 

050_0151050_0182

 

メインのお肉もシーフードも、

 

050_0111050_0131050_0221050_0172

 

前菜もデザートも、ほぼ完食。

中でも前菜のチーズフォンデュをトルティヤの皮に包んでくれる1品はいくらだっていけそうなある意味危険な食事でした。

 

050_0241

 

テーブルごとにまわって演奏してくれるサービスもいいし、
生歌で盛り上げてくれるメキシコ人(多分)のお姉さんのお肌はツルツルで、びっくりするくらいボイン(死後?)で可愛いし、完全おっさん目線でお姉さんを凝視。笑
料理も全て美味しいわで、評判が良いことに納得。
行ったことのないメキシコを肌で感じた夜でした。

店内の陽気な雰囲気から一変、店の外に出ると凍えるような寒さ。
帰りは金曜とあって、久しぶりにギュウギュウのパンパンの満員電車に押しつぶされるじゃないかとヒヤヒヤもんで無事帰ることができましたcoldsweats01

2011年1月27日 (木)

山岸食堂でランチ

 

050_0042

 

以前から先生に美味しいと聞かされていた山岸食堂
イタリアの国旗が入り口に飾られているけど、
決してイタリアンの小洒落た雰囲気じゃないからね!
むしろ汚な美味いお店だからと念を押されて初訪問。
おじさん1人と奥さん?とできりもりするまさに食堂といった感じ。
そんなお店にアフターファイブにゆっくり訪問する予定が・・・、
随分と先まで予約で埋まっていたので、
夜は諦め、半休を取ってランチで訪問することにしました。

 

050_0011

 

このお店のランチの予約システムが一風変わっていて、
予約はテーブルの予約ではなく手打ち麺の予約。
しかも朝の一番忙しい時間の8時からの予約開始スタートときたもんです。
今回はそんな忙しい中、朝の8時にスタンバって先生が私と2人分の麺の予約をしておいてくれました。ありがとー。

  

050_0022

 

ランチは1050円のパスタランチのみ。
サラダにパン、パスタに珈琲がつきます。
パスタは20種類くらいからと実に多彩なメニュー。
手打ち麺にはやっぱりクリーム系でしょ?!
と私が選んだのがクリームの王道カルボナーラ。
そして先生は海老とトマトのトマトクリーム。
この手打ち麺、うーんまいっ。
サラダの菜っ葉が水切りが不完全なことをのぞけば、
店内も、料理を作るおじさんも、友達が言うホド気になりませんでした(笑)。

 

050_0062

 

ランチにはデザートが付かなかったのでそのままキルフェボンへ。
先生も私もキルフェボンには初訪問。
どこの店舗も行列かと思いきや、平日の昼時はなんと待ち時間0分。
こんなチャンスは無いわと駆け込んだけれど、
お茶する空間は横のテーブルとほとんどぴったんこ。
なんだかワンフロアーにお客を入るだけ押し込んだ感が否めない。

そして季節のタルト白苺。
タルトにまんべんなくしかれた白苺が気になったけれど、
1ピース1500円と驚異の価格。
私も先生も白苺を横目に他のフルーツで我慢することに。
だってランチより1ピースのタルトが高いんですからー。
いつかワンホールまるごとがぶりついてみたい。

 

2011年1月21日 (金)

鼎泰豊(ディンタイフォン)で夕飯

 

040_0111

 

今日はanoと厄払い。
お寺に行き、住職さんに私達の生まれた年を言うと、
今年は厄払いするどころか最高の年ですよ!と言われ、
お参りとおみくじだけして帰ることにしました。
今年お初のおみくじは・・・。
「末吉」ちっともいいことが書かれてなかったけれど、
「人に対して思いやりの気持ちをもって、闘争心をなくせば転ずる」
と書かれていたので、anoに「人に対して思いやりの心を持つぞ!」と宣言すると、「まずは親分に優しくでしょ!今のままじゃいつか親分に捨てられるよ!」と痛い所をつかれた。
今年はまず親分に優しく思いやりの気持ちを持って接することから始めたいと思いますcoldsweats01

 

040_0051

 

夕飯はanoママとkazuと合流し、
美味しいものが食べたいというanoママの希望で、
台北台湾に店を構える名店鼎泰豊(ディンタイフォン)へ。
以前anoと2人で来た時は小籠包を2種類と麺を食べたら
もうお腹がいっぱいで他のものが何にも入らず。
けれど今回は4人!ちょこちょこいろいろ楽しめて、
鼎泰豊(ディンタイフォン)の料理を十分満喫してきました。

 

040_0021_2040_0041040_0061040_0071_2

 

ピータンに大根もち、ちまきに空芯菜、炒飯に酸辣湯、小籠包に亀ゼリー。どれもこれも美味しく完食。やっぱり中華は人数がいないと楽しめない!

 

040_0031

 

そして小籠包といったら最近テレビしょっちゅう目にする上海からきた焼き小籠包のお店上海生煎館が今とっても気になる。
蒸すのではなく、油で焼き上げたカリッとした生地(包子)と、中から溢れ出る熱々でたっぷりの肉汁が特徴らしい。
anoが言うには池袋にも支店があるらしいので是非近々トライしたい!!

 

2011年1月16日 (日)

Tu sei Grandeでバースデーランチ

 

030_0191

 

朝起きると親分が風邪でダウン。
しかも風邪だと思った途端、この世の終わりのような猛烈具合い悪いアピール。
これが・・・母性をくすぐるどころか、なーんかムカツクのよね。笑
親分もちっとも心配しない私に、
「俺が具合いが悪くなるとなんか機嫌が悪くなるよねannoyがっかりだよ。」と。あ~、それ言っちゃったー?その一言さえなければ心も痛んだだろうに、心おきなくでかけることができました。笑

 

030_0091

  

と、私は前々から予定していた毎年恒例
UKOとの祝ウン十ウン才のお誕生日ランチ。
今年のお誕生日、UKOのリクエストは「イタリアン」。
イタリアンと言ってもPIZZAや肉や魚、
そして北イタリアと南イタリアじゃあ料理も全然違うし。
でも基本ノーマル好きなUKOの「イタリアン」というリクエストには、
きっと「美味しいパスタ」という意味がこめられてるに違いない。
と勝手に思い「美味しいパスタが食べられるお店」を選びました。

 

030_0041

 

そのお店は私とUKOが初めて出会った思い出の地駒澤。
駒澤公園目の前というロケーションも最高なTu sei Grande
旬なものを旬な時期に、そしてこだわりの野菜から作られる料理の数々はシェフの素晴らしさがうかがえます。
カウンター数席と4人がけテーブル席が4つと広くも小さくもない空間がまた居心地よし。笑顔のとっても素敵なお兄さんのサービスの気持ち良さもポイント高し。

 

030_0071030_0131030_0111

 

女子好みのこだわりの野菜をふんだんに使った前菜9品盛りに、どれを選ぼうか迷ってしまうパスタにリゾット。こちらはそれぞれ2皿に盛ってくれたり、メインもお腹の事を考え、1つをシェアさせてもらえたりと、臨機応変に対応してくれるサービスもサイコー。
UKOが横のテーブルに運ばれてきたものを見て速攻オーダーした今が旬な牡蠣と春菊をココットで炊き上げたリゾット、これが最高うんまかったー。

 

030_0171

 

私が前菜からデザートまで大満足できたので、きっとUKOにも大満足なお祝いになった・・・と思う。笑
あッ!!プレートがyoukoって・・・ダレ?笑。
ゆうこでもなく、ようこでもなく、よおうこ?ダレ?笑。

 

030_0201

 

お店を出て駒澤のショップを覗いたり、駒澤公園でサイクリングしたりと、学生の頃を懐かしく思う・・・ことはまずない。笑
学生の頃は食べることも、駒澤という素敵な場所に居ることにもまーったく興味がなく、本当に学校と家との往復だけで、もったいない時間を過ごしてしまったのです。今だったら駒澤ライフを存分楽しむ自信があるのになー。笑

 

030_0231_2 駒澤を後にし、表参道、原宿とセールの残り物探し。

まだまだどのお店もセール品がわんさか。
でもやはり残り物なのか、サイズが無かったり、これだけ商品があるのにこれだ!というものもなく、結局収穫はゼロ。

そしてその後すっかり冷え切った体を温める為にUKOが連れてきてくれたお店mother kurkku。

原宿からの喧騒を離れ、人通りの少ない明治通りから一本中に入った場所にある一軒家スタイルのCafe。
天井が高く解放感があって、大きな窓からは綺麗な月が見えとってもムーディーです。
林檎と桃とバナナのソイラテでまったり・・・。あーッ!!すっかり親分のことを忘れてたーsweat01

 

 

2011年1月14日 (金)

Sol Levante(ソル レヴァンテ)でランチ

 

191_0022

 

この間1歳になったばかりのmaの息子ユウタン。
もうすっかり外ランチができるようになったというので、
今回はお家ランチではなく早速外ランチへゴーゴー!
子供の成長って本当早い・・・。
もうしっかりカメラを向けるとガッツリカメラ目線。
SOOOOOO CUTEheart01

 

191_0051

 

お店は以前から行きたかったけれど、
予約を承らない店ということと、
平日でも一時間待ちしてようやくなんてことを耳にしていたので、
すっかり縁遠くなっていたお店ソル レヴァンテ
お店は紀伊国屋の裏通りのこんなところに?
とちょっと隠れ家っぽい雰囲気が魅力的。
今回予約できないこのお店の事をmaに話すと、
「美味しそうだから行ってみようよ。」
と言ってくれた一言で決まりました。念願叶って初潜入。

 

191_0081191_0131191_0101191_0141

 

ランチはメインのつかない1800円のパスタコースをオーダー。
一口スープに、6種類の前菜、数種類から選べるパスタに、
お口直しのゼリー、さらにしっかりデザートまで付いてとってもお得なこのコース。
お店に到着すると「1時間ホド待ちますけど・・・。」と言われ待つことにしたけれど、運良く20分くらいで中に入ることができたし、スープからしめのデザートまですべて丁寧に調理されているのがわかるし、なんと言ってもお店の人の感じが良いったら。
とても居心地のいいお店でユウタンも泣きわめくこともなく、おとなしーく大人の食事に付合ってくれて大満足な時間でしたconfident

 

191_0092

 

今回前菜に出てきた右端の見た目がヘンテコな野菜、
最近スーパーでもよくみかけるし、
友達のお家でも「これなんて名前か知ってる?珍しいから買ってみたんだけど。」と、
食べさせてもらったこともあったりして気になっていた野菜。
「やどかりブロッコリー」と店の方が説明していて、
やっと頭の奥~につっかえていたものが取れた感じ。
この後ユウタンが許す限り、洋服屋さんを覗いたり、
雑貨屋さんに寄ったりと、とっても楽しい時間でした。
それにしても今日一日寒かったーッ!!

 

 

2011年1月 8日 (土)

ヘクセンハウス作り

 

131_0721

 

大好きなUKOの姪っ子甥っ子、ナナミとタイシのお家へ。
玄関を入ると、ナナミが朝から折り紙でせっせと作ったという、
首飾りをかけてウェルカムしてくれました。
そしてタイシも何がなんだからわからないけど、
折り紙で作ったというプレゼントを持ってきてくれた。
くぅ~ッ!!かわいすぎるやないか~。
ちなみにナナミの首飾りは小さすぎて頭を通過しませんでした笑。
オーマイガッ!
そしてテーブルにはナナミママが用意してくれた美味しいランチが。
ナマハムにアボガド、スナップエンドウにグリーンサラダ、
ステーキに、青紫蘇とトマトとモッツァレラのサラダにコーンスープ。
焼きたてのパンにいろいろ挟んで体によくっておいしー。


131_0782

 

皆でランチをした後は、
ナナミの希望でクッキーのヘクセンハウス作り。
ヘクセンハウスとは、ドイツやスイスなどに伝わるクリスマスの風物詩といっていいジンジャービスケットで作るお菓子の家。
時間はかかるけど組み立てはアイシングで固めるので失敗なし
なんだとか・・・。
それを今回無印に売っていたキットを使ってクリスマスも終わってしまったけれど初挑戦。

最初はどうなる事かと思ったけど、やっていくうちに
大人3人がはまりだし、だんだんできていくお家に感動。
でも屋根にひびが入って割れるわ、
接着剤変わりのアイシングがなかなか固まらないし足りないわで
しっちゃかめっちゃか(笑)。
でもなんとか、見られるくらいには仕上がりました。

 

131_0811

 

ジャーン!ヘクセンハウス。汚い?(笑)。
大人達の感動をよそにたいして感動のないナナミも、
「早く食べたいよー。」しか言わないタイシも、
相変わらず可愛くって、まだまだ遊び足りなかった。

 

131_0911

 

クッキーを作った後は、UKOパパとママと合流し、
お鮨屋さんへ連れていってもらい、てんこ盛りの新鮮ちらしを食べ、

 

131_0851

 

新鮮な白子を食べ、

 

131_0881

 

焼き蛤をいただき、大大大満足。
もうこれ以上何も入らない満腹りんのお腹を抱え、この後メンバーを替えUKO、UKO母、UKO姉、私の女だけの七沢温泉へ。
女同士だといくらだって話がつきないから長湯でのぼせちゃいそうだけど、冬の夜の露天風呂、これが気持ちよくっていくらでも浸かれちゃうから危険です(笑)。

冬の露天風呂、サイコー。

 

2011年1月 5日 (水)

パン作り

 

111_0311

 

8日あった冬休みもあっという間に最終日。
焼きたてパンが食べたくなったらまず自分で作るんだ。
という私と正反対の女子力満載の先生にお願いして、
パン教室を開催してもらうことにしました。
冬休み前に予定してた先生とのパン作りは、
先生が急に風邪をこじらせてしまったので、
今日まで延期になってしまっていたのです。
「作りたいものを言ってくれたら材料を用意するから。」
と言ってくれていたので、私が選んだのは、
甘い菓子パンの珈琲ロールと、
ランチに食べられそうな食事パンの2種類。

 

111_0351

 

手先が器用な先生と不器用な私。
材料を計ることと、最初の混ぜ合わせるところまでは
先生にたくすことにしました(笑)。
ペチャペチャ話ながらの作業って楽しすぎる。
パン生地を捏ねるのは手にまとわりつくし、単純作業だし、
私ストレスかもーなんて言うと、
先生は黙々とコネコネするのがストレス発散だという。
うーむ、この時点で私にはパン作り向いてないんじゃなかろうか?(笑)。

 

111_0401

 

お昼にパンを焼いてホワイトシチューを作って一緒に・・・
のつもりが、出だしが遅かったせいか?!
話まくりで作業が遅れたせいか?!すっかり日は暮れ、夕食の時間(笑)。
少し早目の夕飯を取って帰ることにしました。
この寒い日のホワイトシチューと焼きたてパンがたまらないのなんのって。
そして次から次へと焼き上がる部屋中に広がるパンの香がなんとも幸せ。

 

111_0501

 

そして食後にはビタントニオでワッフル作り。
焼きたてのワッフルがお腹いっぱいなのに止まらない。
先生が生地にポップシュガーをいれてくれたもんだから、
サクサク食感がうーんまいッ!!

 

111_0361_2111_0461111_0512111_0431

 

帰りにはたっぷり作ったパンと甘い物好きな親分にワッフルのお土産を持たせてもらい、なんだか女子度がすごーく上がった一日でした。
しかし1人じゃあ、パン・・・作らないだろうな(笑)。

 

2011年1月 1日 (土)

Happy New Year 2011!!!

 

111_0191_2

 

あけましておめでとうございます。
今年の正月は親分の実家でおとなしーく年を越しました。
コママは22時に「お先にー。」と寝床へ。
コパパは年越し6分前に「あけましておめでごうございました。」と寝床へ。
あと6分を待てないホドの睡魔だったのね・・・(笑)。
ということで、残された私と親分と2人ぼっちで、
除夜の鐘と供に一応盛り上がり、年を越しました。

 

111_0181

 

翌日姪っ子あおいとさくらと合流し、近所の神社でお参りした後は、公園でバトミントン。
初詣の時は何故かブルーだったさくらもチョコバナナを買ってもらったらご機嫌が戻った(笑)。

 

111_0211

 

今年も美味しい物をたくさん食べて、
健康に一年を過ごしたいと思います。
今年も皆様どうぞよろしくお願い致します。

 

 

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

無料ブログはココログ

ウェブページ